祝1周年。出店に踏み切ったもう一つの理由とは

9月23日
お蔭様で京都本社が入っている1階にライフプランニングスペース「L-cafe」とイベントスペース「LAC-座」をオープンさせて1年が経ち。
目下様々なイベントを企画しておりますが。
            写真 2012-09-22 11 31 37.jpg 写真 2012-09-22 14 21 03.jpg
まだまだ試行錯誤の繰り返しではありますが、着実にご来店いただけるカタも増加し、京都における認知度も上がってきておりまして嬉しい限りです。
元々の出店理由は、今保険業界は来店型ショップという業態が急成長していおり、当社もその流れに乗るべきかどうかを検証する必要があるとの判断に加え、どうせするなら当社ならではのコンセプト(総合生活支援型保険代理店)で、コンセプトを差別化することでやってみようと始めたわけですが。
実は何を隠そう裏の理由がありまして。
そりは。
たまたま1階のお店が空いたからです・・
実はその場所が。
今まで何をやっても上手くいかない(すぐ閉店する・・)場所だったのです。
そこでワタスは場が悪いので止めるべきかどうかを考えたのですが、結果的には思い切ってやることにしたのです。
理由は、ワルイ場をイイ場に変えることも一つの使命ではないかと思ったからです。
皆さんは「ケガレチ」と「イヤシロチ」という言葉をご存じでしょうか?
何をやっても上手くいかず、トラブルや事故が多く、発展しない場、空間を「ケガレチ」と言います。ケガレチ(気枯れ地)=劣化した状態。今までのこの場所は恐らくケガレチでした。この場にはプラスイオンが多く、電子が奪われてしまい、地磁気が低く酸化電位場であり、悪玉微生物優勢地でもあと言われています。よって結果として悪い氣、エネルギーが満ちていますから、呼吸や脳波も乱れ、身体は堅くなり、力も弱くなり、病気になりやすいといえます。もちろん商売も上手くいかないわけです。

これに対し、イヤシロチとは活性化された環境=快適で居心地の良い場、空間のことです。マイナスイオンが豊富で電子が集まり、地磁気が高く還元電位場、ミネラルもバランスよく豊富。このような場、空間は、空気が清々しく清らかなため、体はリラックスし、心も穏やかになります。結果として良い思い、良い氣、エネルギーが満ちていますから、呼吸はゆったりし、脳波も安定し、身体が柔らかくなり、力も強くなり、健康状態を保持しやすく。人が集まり、物が腐りにくく、建物の耐久性もすぐれ、商売をすると繁盛するのです。古くから存在する聖地神社仏閣はかならずと言っていいほど、イヤシロチに建てられていると言われています。
そしてケガレチをイヤシロチにすることを「イヤシロチ化」といいます。
そう、ワタスはこの場をイヤシロチにしてやろうと思ったわけです。自分がシゴトをしている拠点の1階がケガレチではいけないと思ったわけです。
それは、そうすることができれば結果当社が繁栄することになり、ひいてはその技法を修得することで他の企業や社会にも役に立つのではないかと思ったわけです(かなり大げさ・・)
そして、場の清め方、空気の流し方、色や光の使い方等その方法を自分なりに研究したのですが。
簡単に言うと、その場に来たヒトタチが「またここに来たい」と思えるかどうかです。
そしてその中でも最も大事なイヤシロチ化のポイントは、「人」だということです。
負の感情を抱いたヒトがたくさん集まり、その想念が抜けず滞留している空間では売れるモノも売れないですよね。
気持ちイイ人が気持ちイイ空間で気持ちイイサービスや気持ちイイ商品を提供し、イイ気持ちになって帰っていただければまたそのヒトはイイお客様を連れてきてくれます。この好循環をもたらすことがイヤシロチ化の肝だということです。
まずは誰が経営するか。その思いやエネルギーの強さや方向性が大事で。これがスタッフにも影響を与え結果お客様はその人と空間にいることで幸せになる。そんな場所にしたかったわけです。
実はそんな妖しい話をもっと聞きたい変わり者向けのセミナーを開催します。来る10月26日19時から。
『保険ビジネスに革命を起こした男がLAC-座初登壇!起業を目指す方、経営者の方、想い通りの人生を送りたい方必見!「人生を豊かにするための思考と行動とは」』
因みに講師はワタスです・・→http://l-club.jp/mielca/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=74
開設1周年記念、30人限定、無料ですので申込はお早めに手(パー)
                   写真 12-08-11 14 59 56.jpg
                  イヤシロチの代表伊勢神宮にて
         密かに開運コンサルタントを目指す妖しい社長に延髄切りの↓を
                
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む