果たしてクラブ活動のある企業の生産性は高いのか

9月16日
3連休の中日皆さんいかがお過ごしでしょうか?ワタスは月に1回恒例の新月断食につき外出することもなく部屋に籠って相変わらずPCに向かってパチパチキーボードを叩いております。因みに明日は敬老の日ということでフト我に返るとワタスは祝ってもらう立場じゃないかということに気づき更に愕然としている100兆円市場の一端を担う今風の表現をすればグランド・ジェネレーション@堀井ですこんにちわ。
ところで当社は今期に入り正式に社内におけるクラブ活動を申請承認制にしました。
今までは闇活動?として最大勢力のカラオケ部(毎月定例会活動中)とゴルフ部、スキー部(共にほぼ休部状態)がありましたが、申請制にしたところ。
写真部、卓球部、映画研究会と次から次へと申請が上がってくるではあ~りませんか(久しぶりに浜裕二風で手(パー)
実は当社のクラブ活動は申請したからといって会社から部費を出すわけではありません(セコイ?)
金銭的メリットが無いにも関わらず、それでもあえて公式認定を取って活動しようとしてくれることはワタスの立場からするととても嬉しいことです。
多少なりとも会社にロイヤリティを持ってくれていないと敢えてそんなメンドクサイ手続きはしないと思うからです。
一般的にクラブ活動をしている企業としていない企業に生産性の差異があるのかどうかはわかりませんが、大手の余裕ある企業はだいたいありますよね(恐らく部費もちゃんと予算化されているはず)
当社のようなベンチャー企業は無い方が多いのかもしれません。余裕が無くてもクラブ活動をする企業の生産性がデータとしてあるのかないのかわかりませんが。
無ければ当社が事例を作ろうと思います。
強制ではなく、就業外でも自発的に愉しみながらコミュニケーションを円滑にしていくことは、結果的に仲間を深く理解することに繋がり、多面的に仕事上では知りえない一面を発見することで結束力が高まることも大いにあり得ると思うのでワタスは生産性が上がると信じております。
もしワタスがクラブを作るとすれば、落研とか精神世界研究会かな・・
no4.jpg写真 12-09-16 15 03 43.jpg写真 12-09-16 15 04 20.jpg
    カラオケ部        写真部          映画部
             夜のクラブ活動は承認できないことに賛成のヒトは↓
                
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む