最終告知!急成長を遂げてきた来店型保険ショップは遂に踊り場を迎えたのか!?

9月15日
昨日は一般社団法人保険代理店協議会の理事会と定例会。
全国から急成長されている乗合保険代理店の社長が集まり、業界発展のための施策討議や現場における最新の情報交換を行います。
その中での目が離せないテーマが二つあります。
1つは金融庁金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」で議論されている大規模乗合代理店の存在。
議論の流れによっては保険業法が改正される可能性もありますので興味津々なのは当然です。
(詳細はすべて金融庁のHPに開示されています→http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/hoken_teikyou/siryou/20120824.html)
実はその大型乗合代理店の実態を教えてほしいという依頼が当協議会にあり、乗合代理店の代表としてお受けすることにしました。
精神論や誇張して話すことなく、できるだけありのままの実態を知っていただこうと思っています。
そしてもう1つは。
この業界をリードしている最大手乗合代理店でもある保険の窓口グループさんの存在。
ここ数年圧倒的な勢いで出店を加速され、ライバルを寄せ付けず驚異的な成長を遂げてきた代理店さんです。
定例会では常にワタスが司会進行役を務めているのですが、情報交換のフェイズでは副理事長でもある窓口グループの総帥今野社長にも最新の現状を語っていただくことが多く、今回も語っていただいたのですが。
その現状報告がいつもの急成長の実態報告ではなく想定外の内容で。
それが逆にいたく参加者の心に響く内容だったのです。
実はこの2つのテーマを交えた情報を共有し、共に未来を考えるイベントが来る29日に横浜パシフィコで開催される。
保険流通維新の志士たちが語る未来戦略Part2.「HOKEN五輪」なのです。
                 423839_356125647804502_626678074_n.jpg
                              
ワタスは冒頭スピーチとメインイベントのパネルディスカッションのコーディネータを務めるのですが。
その中で法改正にも関連する次回ワーキンググループにおいて発表した内容やパネラーの1人、今野社長自らに保険ショップの現状と未来についてを熱く語っていただくつもりです。
これから保険業界がどう変化していくのかを的確に捉え、どう対処し、どう自社の経営に反映していくかを見極めたいカタガタは必見のイベントとなることでしょう。
まだこちらから申込が可能です→http://www.hodaikyo.org/event2012/index.html
では皆さん、横浜パシフィコでお会いすることを愉しみにしております!!
    保険代理業はもっと社会に貢献する余地があると確信するカタガタは応援の↓を
                
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む