ロンドンオリンピック開幕の日に思う。人生の金メダルとは何か

7月29日
一昨日は広島にてワタスが理事長を務める保険代理店協議会主催来店型VS訪問型ガチトークセッションを行い定員100名のところ180名という超満員御礼にもかかわらず冒頭力作と自負するオープニングビデオが見事に大スベリしてしまいまだまだ修行が足りないと謙虚に一人反省会をしている日曜日の午後@堀井ですこんにちわ。
またその日はロンドンオリンピックの開幕日でもあり、そしてワタスの54回目の誕生日でもありました。
今日の今の時点で日本は既に柔道、重量挙げ、水泳競技で銀と銅メダルを獲得。まずまずのスタートではないでしょうか。日本代表という大看板を背負い、日々血のにじむような努力をしてきたアスリートたち。力を出しきって見事メダルを獲得したアスリートや屈辱をバネに練習を重ね、悲願の金メダルまであと一歩の所で敗れたアスリート。
オリンピック選手とワタスを重ね合わすのはとてもとても失礼で恐縮なのですが、セミナーや講演で入念に準備してきたものでもスベルこともあれば、充分な練習と実績を積んで臨んだ本番で力を出し切れずに敗れる場合もある。そんなこともある。相手(参加者や対戦者)がいればなおさらある。それを時の運というのでしょう。
プロセス(練習や準備)は一時の目標を必ず達成させるとは限らないものですが、その結果がまた次への糧となり、またそこで培ったノウハウや経験、自分への評価や他者からの励ましを受け入れながらヒトは成長し、そして魅力的になっていくのでしょう。
54歳の誕生日にfacebookやLNEなどの文明の利器・・やお手紙やもちろん直接顔を合わせてたくさんのお祝いのメッセージを頂戴しました。
正直この歳になると、歳を重ねていくことが、死へ一歩一歩近づいていくことだと実感できるようになり、不安感や焦燥感も無いわけでは無いのですが。
それでも暖かいメッセージを頂くことは素直に嬉しいものですね。ある意味誕生日は存在しているだけで祝福していただける貴重な機会です。
『堀井さんを見ていると、年を重ねるのは素敵だなと思います♪
お誕生日おめでとうございます!これからますますセクシーになられていくのを楽しみにしています。
最高の一年に、社員がしてみせます!!
これからも益々若々しくかっこよく素敵な堀井社長でいてください!)^o^(
今後も皆さんが憧れる存在でいてくださいね☆
サーファー、落語家ホロス亭エロス、そして大勢のメンバーを束ねる社長として、ますますのご活躍をお祈りしております。
いつもわたしたちを笑顔にさせてくださいまして有難うございます。益々笑いあふれる1年になりますよう。
ホロス亭エロスのメジャーいりも勝手ながらお祈りしております。
年齢を感じさせないバイタリティーと周囲の人を巻き込む話芸はいつも勉強になります。
これからも業界の盟主として、私どもをご指導下さい。』

こんな嬉しい言葉をたくさんいただいたワタスは。
まさに人生の金メダルをいただいたようなものです。
そして。
イイトコロを評価してたくさんのヒトタチに金メダルをかけてあげられるヒトになりたいと思います。
                 写真 12-07-27 22 18 16.jpg
       屈辱をバネにせずギャグにしてきたオチャラケ社長に退場の↓を
                  
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む