「経営者の手帳」を読んで思わず経営者の手帳に書き込んだ言葉とは

6月24日
来月に京都で開催される某外資系保険会社主催の最高代理店経営者会議の座長役を仰せつかり。
その前日にはあの50万部突破のベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者坂本光司さんがゲストスピーカーを務められるということなので。
わざわざ主催保険会社さんから最新の著作「経営者の手帳」を送っていただきました(ちゃんとやるようにとプレッシャーをかけられているという気も・・)
サブタイトルが「働く・生きるモノサシを変える100の言葉」
                 41ErUjQoH5L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg
経営者にとって心に響く言葉が読みやすくシンプルにまとめられているのですぐに読了できました。著者は実務家ではありませんが恐らく企業経営者に相当数会われ客観的視点からあるべき経営者の真理を見極めてこられてきたのでしょう。
ここでは100ある中からワタスの心に留まった言葉を3つ抜粋しますた。
一つ目。「経営者の最大の仕事は3つだけである。」
経営者の仕事は企業の売上高を高めることでも、コストを下げることでも、更にはその結果としての利益率を向上させるといった所謂業績を高めるための仕事をすることではない。~中略~
1つは社員を中心として企業にかかわりのあるすべての人々を幸せにするため、進むべき方向を全社員に明示すること。
2つは全社員が目標に向かって主体的努力を行えるようなよい職場環境を整備、充実すること。
3つは後継者を発掘し、育てることである。
あえていえばこの三つ以外は、社員を信頼し、任せればよい。
二つ目。「経営者の定年のシグナルは三つある。」
経営者の辞め時は三つある。
第1は起業家精神が低下したとき。それは新聞や本を読む量、自己研鑚のため講演会や企業訪問などで外に出る回数、さらには新しいビジネスへのチャレンジ精神の有無などで簡単にわかる。これらが三年連続低下傾向にあるなら起業家精神が低下している証明といえる。
第2は後継者が育ったとき。後継者が育っているか否か、この評価は第三者評価が望ましい。というのは、社長の後継者を評価する目は総じて厳しすぎたり逆に甘えすぎたりする場合が多々見受けられるからだ。
第3は三年連続して赤字経営になってしまった場合で、これは市場の評価と見るべきである。
この三つのうちいずれかの現象が出てきた場合には、それを定年のシグナルと考えなければならず、仮に三つとも顕在化している場合には即定年である。
三つ目。「顧客が求めているのは免責サービスではなく感動サービスである」
経済が豊かになればなるほど顧客が求めるサービスは進化する。物的要求段階において求めるサービスは、あいさつや必要な時に商品の説明をしてくれるなどの当然のサービス・義務的サービスである。これを免責サービスという。
しかし今日のようにハードよりソフトを満たしたい時代には、免責サービスで顧客の心を捉えることはできない。顧客のサービスへの期待はいっそう進化し、期待サービス、更には感動サービスを強く求めるようになる。やがて消費者は、感動サービスの提供が受けられない企業では、買い物をしなくなるだろう。
同じ経営者でも年齢やキャリア、今置かれている立場や業績などで響く言葉はそれぞれだと思いますが。
「働く・生きるモノサシを変える100の言葉」の中からワタス的に抜き出した心に響く言葉を今回は勝手に
「傍楽く・活きるモノサシにする三つの言葉」といたしましょう(笑)
 日本で一番大切にしたい会社3が出た時の候補企業に選ばれたい今は嫌われ野郎にビンタの↓を    
             
人気ブログランキングへ

カテゴリー:読書感人生観のブログをもっと読む