あなたにとって一番身近な人生やお金の相談相手は誰ですか?

6月29日
今ではネットや通販でも保険に入れる時代。
銀行。郵便局。ショッピングモール。百貨店。あなたのお家や職場の徒歩圏内にも保険に加入できるお店はたくさんあります。
もしあなたが保険を見直そうと思った時、どこで相談したらいいのか迷ってしまって当然です。
なので当然の如く今ではネットで検索したり、保険ショップをハシゴしたりしながら一番最適な提案をしてくれるショップや担当者を探し回るヒトが急増中で。
もちろんコンサルティング能力や金融知識や提案力が必要なことは言うまでもありませんが。
判断基準の中に決して見落としてはいけないことがあります。
それは契約はあくまでお付合いの入口に過ぎず、納品時、つまり保険金をお支払する場面でいかに遺された方々に経済的な安心と精神的な安心を提供して差し上げられるかがワタス達の使命だということ。
ただ、そこまでサポートしてくれるかどうかまで見極めることが難しいのも現実です。
ここに一つの事例があります。そしてその事例がこの度出版された書籍の中に取り上げられました。
             写真 12-06-27 20 32 30.jpg
 保険のプロベスト30人が選ぶこれからの保険選び→http://www.gentosha.co.jp/book/b5825.html
ご主人を亡くされて憔悴された奥さま。
当社コンサルティング課藤本クンは納品の使命を果たすため、何度も何度もその奥様の元に足を運び。
様々な手続きと共に奥様の精神的負担を少しでも解消する為の誠心誠意のコミュニケーションをしていました。
そこで発見したのは手術時に家族である奥様が病院と交わした何枚もの誓約書。
彼はその枚数と診断給付の回数とにGAPがあることに気づき。
そして病院に何度も確認と交渉を行い、再度診断書を病院に発行いただくことで漏れていた給付金が出る事になったのです。それもかなりの金額がです。
その奥さまがとても喜ばれたことは言うまでも有りません。
もしこれが請求したままの診断書を事務的に保険会社に請求しただけなら、もちろん保険会社もそれ以上の判断等できる訳なくそのまま支払われて終了していたことでしょう。
こんな、ご遺族がパニックになっている状況の中で親身になって本気で対応してくれる担当者から保険に加入したいと思いませんか?
まだまだネット生保に業界のイニシャチブを渡すわけにはいきませんね。
もう一度あなたにお聞きします。
あなたにとって一番身近な人生やお金の相談相手は誰ですか?

ご相談は→http://l-club.jp/e-lifeplanning/lcafe.html
    保険のプロベスト30人に選ばれずに落胆している自称保険のプロに憐憫の↓を
                
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

「経営者の手帳」を読んで思わず経営者の手帳に書き込んだ言葉とは

6月24日
来月に京都で開催される某外資系保険会社主催の最高代理店経営者会議の座長役を仰せつかり。
その前日にはあの50万部突破のベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者坂本光司さんがゲストスピーカーを務められるということなので。
わざわざ主催保険会社さんから最新の著作「経営者の手帳」を送っていただきました(ちゃんとやるようにとプレッシャーをかけられているという気も・・)
サブタイトルが「働く・生きるモノサシを変える100の言葉」
                 41ErUjQoH5L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg
経営者にとって心に響く言葉が読みやすくシンプルにまとめられているのですぐに読了できました。著者は実務家ではありませんが恐らく企業経営者に相当数会われ客観的視点からあるべき経営者の真理を見極めてこられてきたのでしょう。
ここでは100ある中からワタスの心に留まった言葉を3つ抜粋しますた。
一つ目。「経営者の最大の仕事は3つだけである。」
経営者の仕事は企業の売上高を高めることでも、コストを下げることでも、更にはその結果としての利益率を向上させるといった所謂業績を高めるための仕事をすることではない。~中略~
1つは社員を中心として企業にかかわりのあるすべての人々を幸せにするため、進むべき方向を全社員に明示すること。
2つは全社員が目標に向かって主体的努力を行えるようなよい職場環境を整備、充実すること。
3つは後継者を発掘し、育てることである。
あえていえばこの三つ以外は、社員を信頼し、任せればよい。
二つ目。「経営者の定年のシグナルは三つある。」
経営者の辞め時は三つある。
第1は起業家精神が低下したとき。それは新聞や本を読む量、自己研鑚のため講演会や企業訪問などで外に出る回数、さらには新しいビジネスへのチャレンジ精神の有無などで簡単にわかる。これらが三年連続低下傾向にあるなら起業家精神が低下している証明といえる。
第2は後継者が育ったとき。後継者が育っているか否か、この評価は第三者評価が望ましい。というのは、社長の後継者を評価する目は総じて厳しすぎたり逆に甘えすぎたりする場合が多々見受けられるからだ。
第3は三年連続して赤字経営になってしまった場合で、これは市場の評価と見るべきである。
この三つのうちいずれかの現象が出てきた場合には、それを定年のシグナルと考えなければならず、仮に三つとも顕在化している場合には即定年である。
三つ目。「顧客が求めているのは免責サービスではなく感動サービスである」
経済が豊かになればなるほど顧客が求めるサービスは進化する。物的要求段階において求めるサービスは、あいさつや必要な時に商品の説明をしてくれるなどの当然のサービス・義務的サービスである。これを免責サービスという。
しかし今日のようにハードよりソフトを満たしたい時代には、免責サービスで顧客の心を捉えることはできない。顧客のサービスへの期待はいっそう進化し、期待サービス、更には感動サービスを強く求めるようになる。やがて消費者は、感動サービスの提供が受けられない企業では、買い物をしなくなるだろう。
同じ経営者でも年齢やキャリア、今置かれている立場や業績などで響く言葉はそれぞれだと思いますが。
「働く・生きるモノサシを変える100の言葉」の中からワタス的に抜き出した心に響く言葉を今回は勝手に
「傍楽く・活きるモノサシにする三つの言葉」といたしましょう(笑)
 日本で一番大切にしたい会社3が出た時の候補企業に選ばれたい今は嫌われ野郎にビンタの↓を    
             
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

教育研修で最も学び結果を出すのは誰なのか

6月23日
今週はワタス的には結構ハードな社員教育ウィークでした。
まず当社人材教育会社の営業パーソン山本クンが1週間ワタスに付きっきりの通称カバン持ち研修を行ったのに加え、週末は当社TOPプランナーの宇野さんを招へいしての直販研修を行いました。
山本クンとは同行5件に会議等打合せ同席3件、新幹線の車内含めかなりの時間をコーチングや質疑応答に使いました。
彼が何を感じ何に気づき、どう行動しどんな結果を出すかはこれからですが、改めて感じたことは関心を持って見てあげることや見せることは自らの学習でもあるということ。
1日や2日の研修講師という立場はある意味演技で自分を作れますが、1週間べた付きで様々なフェイズで向き合うということはより本質の部分を見られるということです。
組織において上位者になればなるほど立場上普段の一挙一頭足、自分であえて意識していない領域を観察され、評価され、何がしかの影響を与えている(イイことも悪いことも)はずですから、日常においての上長の行動習慣が教育の基盤を作るということを肝に銘じなければいけませんね。
また、後半に行った直販向け研修においては、保険業界において18年間世界のトップセールスに名を連ね驚異的な実績を上げ続けている宇野プランナーにワタスがお願いし実現したのですが。
快諾いただいた上に超多忙な業務の合間を縫って膨大な資料をこの研修のために作成していただき、敢えてコーディネート役のワタスとの事前打ち合わせを2時間も割き当日に臨んでいただきました。
この詳細はまたの機会に譲りますが、究極的に学んだことは「ここまでやってくれるのか」という感動を行動で示していただいたこと。
お客様とのコンサルティングにおいても同様だということです。ニーズを深く聞いたうえで「ここまでやってくれたのか」という感動を提供しなければ売り続けることは不可能だということでしょう。
最近「感動の仕組化」という組織目標を設定しただけに改めてその本質を宇野さんの行動から学ばせていただきました。
すべからず研修というものは受ける側(インプット)よりする側(アウトプット)のほうが学べるということだということですね。
                  545352_373171646071745_927973618_n.jpg
カバン持ち研修を優良プログラムにできないかと画策する強欲社長に鉄槌の↓を                             
                   
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

仁義なき戦い来店型VS訪問型in広島

6月16日
来る7月27日の話じゃけんど。
遂に大型保険代理店の社長連中がドンパチ始めるんじゃけん。
            
                   banner_hokendairitenkyougikai_120-60.gif
全国に名を轟かせちょる訪問型と来店型の大物たちが一体どっちが強いかとことんやるっちゅうけんこの広島は血の雨がふるこたあ確実じゃけん。
来店型は全国制覇企んどる㈱ほけんの窓口グループ 組長コマシの今ちゃんこと今野さんと㈱アイリックコーポレーションの首領>カミソリリュージの異名をとる 勝本さんじゃけん。
もちろん訪問型も負けちゃらんど。㈱ソニックジャパンの大親分、爆裂タックルのアキラ こと水野 はんと最近メキメキ頭角あらわしとる新興勢力ファイナンシャルアライアンス㈱ のヘッド、コブラのマッチャンこと 松村はんじゃ。
                仁義なき戦い.jpg
どや。怖いやろ。
ほんでな。
この抗争の間に割って入って一体どっちが強いか裁定する役目を引き受けたんがワイや。
ワイっちゅのはつまりホロスプランニングの若頭補佐心得、通称米つきバッタのケイチャンことホロス亭エロスや。
どや、怖いやろ。
この仁義なき戦いをライブで観れんのはたった100人やで。
案内して3日でもう60人くらいの予約で埋まっとるちゅうことじゃけん、観たい奴ははよエントリーせんとあかんど。
こんな機会はめったあに無いんじゃけん日本の保険業界の未来がどうなっていくかを自分の目できっちり確かめて自分の組どうしていくんかの指針をするんじゃど。
ほんだら広島で待っとるさかいこっからきっちりエントリーするんやど↓
http://www.holos.jp/upimages/information0393_1.pdf?rand=1236295787
ゆーとくけどワイは気い短いんじゃけん怒らせたらあかんど。
ワイが本気で怒ったら1秒間に10回くらいドタマをぺこぺこ動かして米つきバッタみたいに謝るんやど。
どや。怖いやろ。
ほなな。
詳しくは→http://www.holos.jp/index.php?page=information_list
            ガチコンいかれたなかったらここクリックするんやど↓
                    
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

こんなクソつまらんド素人の落語を観ても時間の無駄なので賢明なカタは絶対観ないでください

6月14日
当社が運営している「L-cafe★LAC-座のブログ」(http://lcafelacza.seesaa.net/)に。
恥ずかしながらワタスの落語ライブの動画がワタスの承諾もなしに2本ともU-TUBEでアップされちまいましたので。
こうなったら開き直ってヤケクソで恥を忍んでワタスのブログにもアップしようと思います。
まずはデビュー戦の「明礬丁稚」(みょうばんでっち)を観てから。
               
次に2回目の「平林」(たいらばやし)を観ていただき。
                  
「こんなクソつまらないド素人の落語なんか観てしまってホントに時間の無駄だった」とひとしきり憤慨したうえで。
ちょっとまてよ・・
ひょっとしたらこれは動画だからつまらないのであって、ひょっとしてひょっとしたらライブなら臨場感があってチットはましかもしれないので一度ナマで観てからこれが時間の無駄だったかどうかを改めて確認しようと思った奇特な暇人がいらっしゃれば。
どうやら性懲りもなく次回もホロス亭エロスは高座にあがるようですので是非こちらからご予約をいただきたいと思います。
→http://l-club.jp/mielca/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=50
あ、もちろんエロスは便座前座の前座でメインはプロの落語家さん達。そのプロの話芸がワンコインで愉しめるとてもお値打ちなイベントですので是非お仲間がいらっしゃるカタはお仲間もお誘いいただき、またお友達が一人もいない孤独なヒトももちろん一人でご参加いただきますればきっときっと愉しいヒトトキが過ごせることと存じますのでスタッフ一同ミナサマガタのご来場を心待ちにしております。
もう短いネタが底をつき覚える記憶力に全く自信がない痴呆寸前社長に惜別の↓を                       
                    
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む