超能力者となり意のままに世界を操りたいあなたが実践すべきたった一つのコトとは

先日のブログ「断食が経営者にもたらす第4のメリットとは何か」でも紹介した長沼敬憲氏著「心と身体を変える底力は腸にある 腸脳力」が本日アマゾンから届いたので早速デスクワークを中断し(意志弱っ)あっという間に完読いたしました。...

つづきを読む

市場細分化の法則。熱き街・熱き人・熱きスープin博多。

4月28日
昨日は東京から京都を飛び越えて福岡は博多に移動し当社優績プランナーさんを讃えるためのイベント中洲屋形船会食パーテイに馳せ参じた本当に感謝とお祝いのメッセージを言いたい一心であり決してそれにかこつけて本場豚骨ラーメンや中洲のキャバクラに行きたいためにわざわざ行ったのではないと弁解をしながらもしどろもどろになっちまった自称ラーメン評論家@堀井ですこんばんわ。
今回は半期で活躍された精鋭プランナー約15名を中洲のはかた船(屋形船)での船上パーティにご招待させていただきました。
北は旭川から南は沖縄まで全国各地から集ってくれたプランナーさんたちは、普段とは違う異空間からか単なる異変人からかあっと言う間に熱気と炭火の煙でムンムン状態に。
        575336_277556942338574_100002528113125_45740994_666536385_n.jpg写真 12-04-27 18 22 12.jpg
ほとんど窓の外の景色を見ることもなく、船が動いていようが止まっていようが関心も無いままにクライマックスを向かえ(ひょっとして企画倒れ・・)

スタッフが感謝の思いを込めて贈った記念品、ホスピタリティ溢れる名前入りオリジナル扇子に皆さん大喜びで、喜んで貰うことが何よりの喜びの我々スタッフももちろん大喜びでした。
                写真 12-04-27 19 30 59.jpg
二次会での熱き話は割愛するとして・・
やはり〆はラーメンということでジモティに連れて行ってもらったのが屋台近くの大砲ラーメン。熱き職人魂を持つ店主に「うちの麺は細いからバリ固を注文するなら早く言え」と怒られながら更に指をスープに入れられながらも極細麺の豚骨久留米ラーメンは中々のお味でした。
そして翌日のお昼は評判のつけ麺屋さん博多元桜に。ラーメン激戦区博多において1杯1,000円とかなり値段は高いながらも繁盛している理由をワタスなりに調査してみますと。
全粒粉の平打ち麺で量も同じ値段で200、250、300gと選べることに加えてスープも塩、醤油、味噌と選べること、また味もさることながらこのお店のこだわりは1席ごとにIHヒーターが設置されずっと熱いまま食べられることではないかと推察され。ワタス的にはそこが気に入りました。
                 522132_322434744491664_100001754223853_792643_1443342683_n.jpg
実はワタスは基本熱い食べ物はちんちんに熱いのが好きなんです。舌が火傷するくらいじゃなきゃイヤなんです。舌ガンになるとか喉頭ガンになると脅されてもなるならなってみやがれと開き直るくらい熱いのがすきなんです。よくレストランとかに行ってオニオングラタンスープなんかがちょっとぬるめで出てきたりしてガッカリすることがあり、たまに恐縮しながらも温めなおしてもらうくらい好きなんです。
でもしかし。
話は若干飛びますがそんな熱いもの好きなワタスも一つだけ熱くないほうが好きな熱いものがあります。
そりは。
ホットコーヒーなんです。これだけはぬるい目が好きなんです。
最近のスタバやドトールや新幹線車内の珈琲等は熱すぎます。特に持ち帰り用の蓋に穴が開いているトコロから飲むのはかなり抵抗があり、細い穴から飛び出す熱い珈琲で火傷するのは本望ではありません。基本ワタスはブラックで飲むのですが珈琲本来の味や香りが熱すぎると引き立たなくなるような気がするのですが皆さんはどうでしょう?
よってIHヒーター戦略は猫舌系ラーメン好きには決して支持されないでしょうが、炎のようにお熱いのが好きな方にはお勧めのラーメンであることは間違い無いと思われます。
そこでかの有名なコンサルタント、マーケティングトルネードの佐藤昌弘さんによるとあらゆるビジネスは細分化し、勝ち残るためには顧客を絞り込むことは避けられず、業界1位2位以外は細分化グループにパイを奪われていくとのことですから、更にこの店を繁盛店にするにはどうすれば良いかをちょっと考えてみました。
「猫舌お断り!一口目からスープを飲み干すまでずっと舌が火傷するくらい熱くなけりゃ気が済まない方限定のラーメン店、博多に登場。」
をキャッチにすることで市場が広がり全国から熱いラーメン好きが来店し更に行列を作ることは間違いないでしょう(・・・)
5月はエリアカンファレンスで全国行脚も始まることですし、これから各地のラーメンレポートしますので是非お愉しみに~
    やっぱりラーメンは魁力屋が一番美味いとPRするゴマすり社長に苦笑の↓を
                
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

断食が経営者にもたらす第4のメリットとは何か

東京に向かう新幹線でeチケットを車掌さんに見せたら「いつもご利用ありがとうございます」と笑顔でお辞儀してくれて朝からちょっと気分がイイ最近お金では買えない価値に関心を寄せる付け焼刃の感動研究家@堀井ですおはようございます。...

つづきを読む

HOLOSクン海を渡るinニューヨーク編

4月21日
もはや日本国民なら誰でも知っている?当社のキャラクターHOLOSクン。
実は彼は3年前、初めてアジアの金融センターである香港に渡りレポートをしてくれたのですが。
当時のレポート→http://kei-horii.seesaa.net/article/126323286.html
今回はなんと世界経済の中枢都市ニューヨークに渡ることになりまして。
今週2回に分けてワタスが米国保険業界をレポートしてきましたが、今回はHOLOSクンにその役割を任せることにしたいと思います。
まずは。
やはりここは外せません。9.11の爪痕を未だ残すグランドゼロ(爆心地)ことニューワールドトレードセンター。現在はフリーダムタワーと命名された102階建て、高さ531mの超高層タワーが建築中でした。
もっとも飛行機が突っ込んだ二つのビルの跡地は鎮魂の意味を込めてビルは建てないことが決まっているそうです(滝が流れていました)
亡くなった方々の追悼の念とアメリカンのエネルギッシュな復興パワーに尊敬の念を込めてHOLOSクンも黙とうを捧げて参りました。
写真 12-04-12 23 28 35.jpg写真 12-04-08 3 39 35.jpg写真 12-04-12 23 20 18.jpg
   
更にここも。
アメリカの象徴自由の女神。リバティ島に渡って見上げる自由の女神様は中々の迫力でした。工事中につき女神様を登ることはできませんでしたが日本人(タイ人ちゃいますよ)でも彼女を見ると勇気が湧いてくるから不思議です。
                  写真 12-04-13 0 39 50.jpg
リーマンショックはここから始まりました。ウォールストリートにあるNY証券取引所。ウォールストリートって意外に細くて短いんですね~。スーツを着て歩いているアングロサクソン人が皆超エリートに見えました。ワタスはラフな格好だったんですが次来る機会があればやはりここはタイトなスーツでネクタイをピシッと結んだ出で立ちで写真を撮りたいものです(ただのミーハーですが何か)
             写真 12-04-12 12 53 33.jpg写真 12-04-13 1 55 52.jpg
南北4km、東西0.8kmの広さがある、摩天楼で働き暮らすマンハッタンの人々のオアシス、セントラルパーク。
ホテルがすぐ近くだったこともあり、少し早起きして軽くジョギングをしましたが、とても気持ちイイ場所でした。たくさんのヒトがジョギングや犬を連れて散歩をされていて、突然リスが前を通り過ぎて行ったりしてまさに都会のオアシスという感じ。時間の都合で1周はできませんでしたが(あくまで時間の都合、決して体力の都合ではありましぇん)今度来るときがあればちゃんとジョギングウェアとシューズを持参して臨みたいと思います。
               写真 12-04-12 20 27 13.jpg写真 12-04-12 20 29 17.jpg
ダウンタウンのSOHOエリア。SOHOの語源は、ハウストン通りの南(South of Houston Street、ヒューストンとは発音しない)という意味だそうです。元は芸術家の街として有名だったようですが、今では高級ブティックが並び、その街並みはとてもお洒落で。ここに来るときは時間にゆとりがある時、カジュアルなスタイルで目的を持たずにただフラフラとお店を巡り、ちょっと疲れたらカフェテラスで休憩するのが素敵な過ごし方ですな。
                  写真 12-04-13 4 32 06.jpg
夜は。
ブロードウェイでミュージカル「シカゴ」を観ました。もちろん英語がわかるに越したことありませんがわからなくてもお勧めです。雰囲気に酔うというかブロードウェイでミュージカルを観ている自分に酔うというか・・とにかく1回は必ず行きましょう。
      写真 12-04-09 9 21 56.jpg写真 12-04-10 12 35 45.jpg
そしてアメリカの象徴巨大ステーキ。こちらのフィレステーキは脂がほとんどなくカスカス感が強いです。普段牛肉を控えているワタス的にはどうせ食べるなら霜降りの方が好きかも。
                写真 12-04-10 9 41 25.jpg
ホテルの朝ごはん。ボリュームがすべて半端なくデカイので色々食べたくても食べきれません。よって朝から大勢で行って飲茶のようにバラバラに頼んで皆で取分けて食べる。大皿を回してワイワイと喋りながらパクパクと食べる朝ごはんの時間は有意義でとても愉しいひと時でした。
    写真 12-04-10 21 40 30.jpg写真 12-04-10 21 40 55.jpg写真 12-04-10 21 40 41.jpg
                 写真 12-04-10 21 16 26.jpg
HOLOSクンは地下鉄にもトライ。NYの地下鉄は危険なので乗らない方がイイというイメージがあったのですが。ニューヨークのジュリアーニ前市長が「①割れた窓を放置しない②犯罪できない社会の心理をつくる③小さいことから秩序を回復する。」 といういわゆる「割れ窓理論」を採用し、ニューヨークの治安を改善させてからは心配は無いようです。これは数値で裏打ち済みで、民間の調査会社CQプレスによると、全米の中規模以上の都市で、ニューヨークはホノルルなどに次いで4番目に安全な都市とされているとか。
流石に夜1人で乗るのは危険なようですが、観光バスやイエローキャブで移動するより地元に溶け込んでいる気になってご機嫌でした。
写真 12-04-12 22 54 57.jpg写真 12-04-12 23 07 52.jpg写真 12-04-12 23 18 11.jpg
   
以上今回は駆け足で回ることしかできず少し残念でしたが、いつか時間に余裕があるときにもう一度来てみたい街ですね。
因みにHOLOSクン、次は名前の語源でもあるギリシア、イタリアあたりの視察を狙っているそうですがいつになるかは全く未定でございます。
   自由の女神よりやはりワットポー(タイの寝釈迦)の方が好きな国籍不明社長に納得の↓を
                  
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

追悼。人生を変えてくれた反面教師

4月20日
ワタスが新卒で入社した会社は当時最大手の流通業Dグループの子会社でスポーツ用品を扱う全国チェーンでした。
スポーツ用品を扱う会社だけあってほとんどの社員が大学の体育会出身で、社風は上下関係が厳しい体育会そのものでした。
よって3つ先輩ともなると神の領域ですから黒いものでも白と答えるのが常識の職場だったのですが。
その中でも最もゴンタ(悪い・・)と恐れられていた先輩が上司となったのはワタスが就職して3年目の時でした。大阪の梅田に新業態のスキー用品のディスカウントショップをオープンさせるということになり、体育会系の中では異例のおちゃらけ野郎として目立っていた?ワタスに異動の抜擢辞令が下り、喜んだのも束の間その店の店長に抜擢されたのがNさんでした。
当時はスキーブーム真っ盛り、ホイチョイプロダクションの映画「私をスキーに連れてって」が大ヒットしていた頃(主演の三上博史に似ていると良く言われたもんです)ですから、今となっては信じられないくらいスキー用品が売れていましたので、それはそれは忙しい店でそれはそれは過酷な労働環境でした。
シーズンともなると休みなく毎晩夜中まで働いて、それが終わると鬼店長に引き回されて梅田の繁華街に繰り出し、朝方まで遊んでは学生下宿のようなタコ部屋にフラフラになりがら帰るという共同生活をしていたのですが(酒が飲めないワタスにはかなり苦痛でした)

何よりNさんのマネジメントはそれはそれは厳しく、当時でも有り得なく、今なら逮捕されてもおかしくない程(笑)威圧的高圧的暴力的で、更にちょっと気に入らないことをしたひにゃあ、どつきまわされるかずっと無視され続けるかで結果ほとんどの部下が辞めていくほど強烈でした。
「オレが上司になったらこんなマネジメントは絶対しないでおこう」
思えば今のワタスのマネジメント手法はNさんを反面教師として構築されていったのです。
Nさんの元にいたことでストレス耐性も大いに鍛えられました。どんな上司が来ても怖くない強さが身に付きました。
ある日、どんどん後輩が辞めていく状況に耐えかねたワタスは勇気を振り絞り言いました。
「店長、なぜ皆が辞めていくかわかりますか?皆スポーツが好きで、この仕事が好きでこの会社にいたんです。皆この仕事がイヤで辞めていくんじゃないんです。店長がイヤで辞めていくんですよ。いい加減にしてください」
鉄拳が飛んでくるかと思いましたが以外にも「よお言うたなぁオマエ・・」と。少し寂しげで、少し褒められたような気がしました。
それから間もなくNさんはそのマネジメントが社内でも問題となり、異動していかれました。
大げさではなくこんなヒトがいるのかと思う程ハチャメチャなヒトでしたが、ワタスが転職してライフプランナーになって間もなくの頃、既に外食産業に転職されていたNさんと偶然出会い。
「よっしゃ、入ったるわ」と二つ返事で保険契約をしてくれて、おまけに部下まで紹介してくれました。
そしてその後は常に怯えながら会話していた当時と変わり、昔話をジョークも交えながら話せる関係になっていきました。
Nさん。
Nさんの元でやってこれたんだから何でもやり抜けるだろうという自信もつきました。
Nさん。
Nさんを反面教師として理想のマネジメントスタイルを構築しようと自分なりに工夫しました。
Nさんがいなければ今の自分や今の会社は無かったかもしれません。
ヒトがヒトに影響を与えるのは色んなカタチがあること、すぐにではなくても時を経てお蔭様だと気づくこともあるということを教えてもらいました。
ありがとう。Nさん。
本当に感謝しています。
享年56歳。一度は退院したゴンタ店長もすい臓がんには勝てませんでした。
合掌。
 Nさんの分まで今を真っ白な灰になるまで熱狂して生きようと誓うクソ社長に気合の↓を
                      
人気ブログランキングへ
...

つづきを読む