大安吉日。チャンピオンの披露宴で企業の存在価値を再認識する

3月20日
本日はお日柄もよく。
当社2年連続チャンピオンの宇野文聡プランナーと愛香(あたか)さんのご結婚披露宴が東京銀座はあのひらまつのイタリアンレストラン「ICONIC」にて執り行われました。
当社初の社内結婚であり。
トップオブトップの披露宴でありますのでワタスもお招きいただき、馳せ参じた次第です。
歳を取りますと涙腺が緩んでダメですね。2人の幸せそうな顔やご親族の嬉しそうな顔を拝見しながら、スクリーンに映し出される2人の半生を見ていると涙が溢れてきて困りました。
               写真 12-03-20 12 10 15.jpg
両家ともご両親や家族に愛情たっぷりに育てられ、またその愛をしっかり受け止めて、その何倍もの恩返しをこれからしていこうという気持ちで会場全体が包まれ、とても暖かい気持ちになりました。
今回ワタスは主賓の挨拶と乾杯の発生という大役を一手に授かり、新郎新婦からも和やかかつ笑いに包まれた盛り上がるスピーチを所望されておりました。
実は、色んなところでスピーチをする機会の多い私ですが、経験上主賓の挨拶で大うけをするのはもっとも難易度の高い部類に入ります。
それは主賓のあいさつは聞く側の体制が厳かであることを基本としているので笑う心づもりをしていないからです。
こういう場合は。
まず笑い屋を仕込んでおく必要があります(笑)
ま、今回はとてもイイお客さま?だったこともあり、ワタスの下ネタギリギリの際どいギャグの連発にも快く笑っていただきなんとか及第点はとれたのではとそっと胸を撫で下ろしている次第です(あくまで自己採点ですが・・)

それにしても。
このレストランのお料理も最高に美味しく、新郎新婦が列席者の皆さんにくつろいで愉しんで満足して帰ってもらおうという配慮が至るところに行き届いていて。
          写真 12-03-20 12 41 48.jpg写真 12-03-20 12 39 14.jpg
やはり伊達に、形が見えず、最も厳しいと言われる保険営業の世界で、お客さまが「YES」と言わない限り決して契約はいただけない営業の世界で、プルデンシャル生命でもソニー生命でもエグゼクティブライフプランナー(営業最高位)となり、2年連続MDRTのトップオブザテーブル(世界の中のトップセールス)に輝き、当社においても過去5年中3回チャンピオンとなる実績を上げてはおられないことを感じさせていただきました。
これからも夫唱婦随のオシドリプランナーとして、たくさんのお客さまに感動を与え続け、トップセールスの道を爆進していかれることでしょう。
                 写真 12-03-20 14 19 19.jpg
ワタスとしては、当社の存在があったことで2人が出会い、結ばれ、そしてもうすぐ新しい命が生まれるという事実を聞くにつけ、企業の存在価値というものはただ営利活動をするということに留まらず、縁あってそこに集いしヒトタチの人生そのものを変えるきっかけを提供する場でもあるということを再認識できたとても有意義な日となりました。
当社のコンセプト「あなたらしい素敵な活き方応援します」は社内外、つまりお客さまに留まらず、社員やプランナーさんにも向けられたメッセージなのです。
宇野さん、愛香さん本当におめでとうござました。末永くお幸せに。
         乾杯前に10分以上スピーチする非常識社長に鉄槌の↓を
                  
人気ブログランキングへ
                   

カテゴリー:日記のブログをもっと読む