誰か洗脳とマインドコントロールと教育の違いをオセロ(教えろ・・)

2月28日
今メディアではかなり摂生力に欠けると見られる肥満系霊能者が話題になっております。
                オセロ中島.jpg
あの聡明でしっかり者の彼女がどうしてこうなっちまったんだという関係者の声も多く聞かれます。
因みにワタスもある筋では妖しい宗教家と揶揄されているという噂もあるのですが、基本芸能人や経営者等将来が不安定な立場かつヒトを惹きつけることを仕事にしているヒトタチは、占いや霊能者に関心があるものです。
ワタスの周りにも関心のある経営者が何人もいますし、鑑定士や占い館を経営している友人もいますし、何よりワタスも決して嫌いではありません(というより相当好きです)
今回の事件?でメディアは美形お笑いタレント中島さんが洗脳されてるとかマインドコントロールされてるとか言われてますが(もしそうなら早く解いてあげたいものです)
              
そもそも洗脳とマインドコントロールは何が違うのか。
また、私は一応、企業研修でコミュニケーションスキルを教える教育者でもあり、心理カウンセラーでもあり、社員を育成することも大事な仕事である経営者の端くれでもありますので、この際じゃあ「教育」とは何で、「洗脳」とは何で、「マインドコントロール」とは何であり、する側もされる側も何に留意する必要があるかをネットからのパクリを中心に独断と偏見を織り交ぜながらざっくり適当に解説していきたいと思います。
まず共通することは「意図してヒトに影響を与えて考え方や行動を変えていく」ことでしょう。
違いはというと。
洗脳は強制力を伴い(拷問とか頭に電流流すとか薬物を投与するとか)、マインドコントロール(以下MC)はwikiによると強制によらず、さも自分の意思で選択したかのように、あらかじめ決められた結論へと誘導する技術のことで(中島さんはされていることに気づいていない)、教育はされる側も自主的もしくはされることを承認してその場に臨むということでなないかと思うわけです。
洗脳やMCが相手を騙す前提で、教育は善意で行うことだと言い切れたらまだわかり易いのですが。
やっかいなのは洗脳する側もMCする側も教育する側も、それが正しいという信念に基づいていることも多々あるということ(やる側に騙している意識がない)
ここに営業力、トップセールスの営業手法を入れると話は更にややこしくなります。
往々にして世のトップセールスたちは、商品力ではなくマインドコントロール的スキルや教育(セミナー営業)的手法で販売していることが多いからです。
マインドコントロールを心理誘導のテクニックと捉えると一歩間違えば悪徳商法やキャッチセールスとなり、その世界でもそれなりのマニュアルが存在すると言います。
例えば。
好意の返報性の法則→まず先に与えれば何かお返しをしなければと思う
ローボール→最初は無料とかサービスとかから入り徐々に価格を上げていく
権威性→医学博士や大学教授等の肩書、著書や著名人のお墨付きをもらう
希少性→今だけとか今ならとか限定何個とかで買わなきゃ損と訴求する
関与の一貫性→ずっとここまで関わってきたのだからやり抜こうと自分の行為を肯定していく
知覚のコントラスト(対比)→悪いイメージを先に訴求して後から良いイメージを見せる
恐怖心→祟られるとか不幸がおこることを示唆される(成功しない、損をすると脅す、不安にさせる)
でもこの行為に沿った営業手法ならすべて「悪」と決めつけることもまた難しいと思うわけです。
販売している商品やサービスが本当にイイものであるか、適正価格なのか、そして何よりその企業や営業パーソンがモラルに基づき行動し、心底信頼できるかが大事ではないかと思うわけですが。
ネットで何でも自らの選択で買えるようになった今、このままではヒトを介してコミュニケーションして、その結果何かの意思決定することが悪いようなイメージが定着し、騙されることを前提に何でも疑ってかかるような世の中になってくるとしたら少し淋しいような気がするのはワタスだけでしょうか?
ネット社会、核家族化、少子化などでリアルなコミュニケーションが希薄化し、親身になって相談に乗ってくれる相手がいなくなってることも関係しているのかもしれませんが、基本信頼関係に基づく社会であって欲しいと願うばかりです。
ということで。
まず判断に迷った時に占い師や霊能者に相談する前に、まずは信頼できる相談者を身近に置くことは、自分を守るリスクマネジメントの一つでもあります。
中島さんのような極端な例では、もはやプロによる脱出カウンセリングが必要でしょうが、落ち込んだ時、ふと心の隙間を作ってしまったときにいつでも相談できる友人や上司や家族の存在を見直してみるいい機会なのかもしれません。
恐らくあなたの周りにも高額のお金など支払うことなく、あなたのことを本気で考えてくれる温かい存在がいるはずです。
もし、どうしてもその存在が見当たらない時は。
ワタスが安く相談に乗りましょう(笑)
将来設計士という新しい職業に関心がある方は→http://www.holos.jp/employ/
  side_02.jpg

カテゴリー:日記のブログをもっと読む