安売りせずに劇的に業績を上げる秘策とは

2月14日
セントバレンタインデイに東京出張でいただいた義理チョコを食べながらチョコチョコとブログ更新中@堀井ですこんばんわ。
               cyoko.jpg
今日は街中に職場に家庭にチョコレートが溢れていたことでしょう。
この日だけでなんとチョコレートの年間売上の20%はが消費されるそうです。
そういえば、先々週の節分には「恵方巻き」ということで巻き寿司がお寿司屋さんやスーパー、コンビニ等で爆発的に売れたはずです。
何ものかの手によって?戦略的に設定された記念日に単品商品が爆発的に売れるのはこの二つくらいでしょうか?
単品でなければクリスマス商戦がありますね。
恐らく売上規模はクリスマスに軍配があがるでしょうが、この二つの記念日の方が勝ると思われることがあります。
それは。
何と言っても値引きをせずに短期間に爆発的に売れること(巻きずしは生ものなので終わりには叩き売られることも有り)
国民に定着するまでにそれなりの時間を要したようですが、このイベントが認知された今ではお菓子メーカーやお寿司屋さんにとって無くてはならないカキイレ時となっています。
この成功事例を分析すると。
愛を告白するとか運を招きよせるとかモノガタリやシキタリを創造し、エモーショナルに響くドラマを演出することでマーケットを活性化すると安売りをしなくても爆発的に業績を上げることが可能なのではないかと思うわけです。
皆さんの業界でも、エモーショナルに訴えたり、ゲーミフィケーションを取り入れることで、安売りすることなく「この日にこれを買えば運気があがるんだ」とか「この日にこれを買ってあげて大切なヒトを喜ばせたい」とか昔は60歳になれば赤いちゃんちゃんこをプレゼントするとかが有ったように「ある年齢になると必ずこれをプレゼントすると無病息災になる」とか企画ができませんか?
例えばワタスのいる保険業界はというと。
調べてみると「生命保険の日」なるものが既にありました。
1月31日です。これは日本で生命保険の保険金が最初に支払われた日(明治15年1月31日)にちなんだものだそうです。
歴史を辿ると最初の生命保険会社が設立されたのはその前年、明治14年(1881)の7月9日で有限明治生命保険会社で(現・明治安田生命保険相互会社)
「生命保険の日」のもとになっている最初の死亡保険者は警察関係の人だそうで(殉職ではなく心臓麻痺)、支払った保険料が30円、遺族が受け取った保険金は1000円だそうでです。
でも、「そろそろ生命保険の日だから保険を見直そうか・・」なんてヒトは誰ひとりいないわけですから、全く持って認知されていないということですね。
これは恐らく、この記念日を強烈に推進する組織が無かったことと、物語にインパクトが無いこと、そして生命保険という商品自体がかつては自ら積極的に加入するという文化が無かったことが原因なのでしょう。
で、ワタスが思うに。
あえて不謹慎だと批判されることを覚悟の上で企画させていただくとしたら。
その日は3月11日しかないと思うわけです。
「命の尊さ」や家族や地域の「絆」の大切さを、たくさんの犠牲者と引き換えに再認識させていただいた、決して忘れてはならない日を「生命保険の日」にしてはどうかと思うわけです。
この時期は、入学を控えた日でもあり、確定申告を目前に控えた日でもあり、法人の決算月が多い時でもありますから年に一回見直すと決めるに適していると思うわけです。
不測の事態が起きた時、今のままで大事なヒトを本当に守れるのかどうかを棚卸する日として。
もし自分がこの世を去った時、大切な家族や社員たちを経済的弱者にさせないように真剣に考えて見直してみる日と制定して。
当社なら、その日に相談に来られたカタにはL-club会員としてTポイントを3倍付けしてもいいかもしれません。
そして3年先の未来には。
会社員なら有給休暇を取ったり、自営業者さんならお店を休んででも、信頼できるフィナンシャルプランナーに相談する日になっているのではないかと思うのですがいかがでしょうか?
     義理チョコと本気チョコの区別が未だにつかない勘違い社長に共感の↓を
                
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む