扇情的タイトルに誘われて

8月16日
代表作「やっぱり変だよ日本の営業」
宋文洲さんの著作。
ベンチャーでソフトブレーン社を起業しマザーズ上場。
更に東証1部に上場後退任。
IPOを目指す経営者にとって既に実現した経営者の言葉はかなり重い。
よってその著作は常にチェックの対象となる。
そもそも書籍は売るために扇情的タイトルを付けることが常套手段ですが。
(そろそろしゃべるのをおやめなさい・・・因みに帯びは「あなたの営業は迷惑だ」とか)
今回の宋さんの書籍もそのタイトルに惹かれ。
幻冬舎より「社員のモチベーションは上げるな!」
(帯:なぜやる気にこだわる会社ほど業績が悪いのか?)

KKベストセラーズより「人が辞めない会社はヤバイ!」
(帯:このままではアナタの会社ツブれます!)
             2009081511490000.jpg
2冊とも迷わず購入しました。
「上司に部下のモチベーションは上げられない」とか。
「ホウレンソウの徹底が責任転嫁を生む」とか。
そこにはグサリと刺さる内容ががく〜(落胆した顔)
宋さん曰く。

「勝ち負けは紙一重。」これこそがビジネスの本質論です。うまく行った場合にはもちろん努力もあったでしょうが、運が大きかったと考えたほうが無難です。
むしろ失敗する場合のほうには必然性があり、なるべくしてなる要素があり、教訓があるのです。

二冊とも大変参考になる内容でしたが。
それにしても宋さん。
上場企業の社長になっても電車通勤で。
ホームのゴミ箱を覗いては読みたい週刊誌をあさり。
読めばまた捨てるという習慣だそうで。
(同行の部下は他人の振りをするそうです)

あえて屈辱的な行動をすることで精神的に強くなるとドコモポイント
まずはここから実践することとしよう・・
(ラーメンの汁を横からへつるのは生ぬるかったようですあせあせ(飛び散る汗)

          人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む