あなたに眼力を授け願いを叶えよう

4月29日
ワタシが住む京都の伏見にある。
商売繁盛の総本宮「お稲荷さん犬
今日は快晴晴れでしたのでその稲荷山に登りました。
伏見稲荷大社は稲荷神を祀る全国約4万社の稲荷神社の総本宮パンチ
お稲荷さんと謂えば千本鳥居が有名ですが。
          2009042912230001.jpg
実は見所はそれだけではありません。
例えば・・
「おもかる石」
          Fushimi_Inari-taisha_Omokaruishi.jpg
灯篭の前で願い事をし。
その灯篭の頭を持ち上げて。
思ったより軽ければ願い事が叶いグッド(上向き矢印)
重ければ叶わないらしいバッド(下向き矢印)
試しにやってみることに。
ムニャムニャムニャ・・って持ち上げると。
発砲スチロールのように軽いじゃあーりませんか手(チョキ)
(これで世界はワタシのものにドコモポイント
お稲荷さんに来たら是非お試しを。
たくさんの鳥居をくぐりぬけながら山を登っていくと。
四ツ辻という見晴らしの良い場所にたどり着き。
        pr_yotsutsuji1.gif
更に奥に足を進めていくと。
なんとも躍動感溢れるキツネさんががく〜(落胆した顔)
          2009042913070000.jpg
飛び跳ねているにもかかわらず頭には宝珠(水の入った宝の珠)を乗せています。
そこは「眼力社」といい。http://ganrikisya.com/promenade.html
眼の病を治したり目
先見の明や眼力を授かるらしいことから。
お医者様や経営者、相場関係者が全国から詣でるとのこと。
稲荷山全体が霊場であり。
たくさんの社が祀られていますが。
商売繁盛の総本宮の、更に眼力が授かるとあらば。
ここは参らぬわけには参りませぬちっ(怒った顔)
不況に苦しむ全国の経営者のミナサマガタガタ。
是非一度お稲荷さんに行き。
まずはおもかる石で頭石を軽々と持ち上げて。(発砲スチロールでできてるように)
千本鳥居を通り抜け。
眼力社さんで先を見通す眼力を授かり。
帰り道の風情溢れるお茶屋で一服すれば。
            2009042914260000.jpg
もう経営や人生は想い通りです手(パー)
(保障はしませんが保険は売りますので・・)
...

つづきを読む

スペシャリティを極めて330年

4月28日
京都が世界に誇れるモノは数あれど。
その中でも自信を持って誇れるお店手(パー)
なんと元禄(江戸中期)時代より330年間。
それも単品メニューのみで繁盛し続けているお店があります。
その単品とは。
「すっぽん」です。
「すっぽん」といえば謂わずと知れた「大市」さんです。
 ⇒ http://www.suppon-daiichi.com/
メニューはまる鍋コースのみ。すっぽん以外の具は一切無しパンチ
単品も極めれば、商圏は日本どころか世界に広がります。
世界中の政界や財界、芸能界の重鎮が訪れます。
実はこの秘伝の味を守り続ける17代目当主の堀井六夫さんは。
ワタシが母親のお腹に入っていた頃からの知合いです。(50年以上)
かつてはウチの親父がやっていた醤油屋の番頭さんで。
後にウチの醤油屋が傾いてバッド(下向き矢印)奥さんの実家に入られたのです。
当時はお店兼住居でしたので、家族同然の付合いをしており。
ガキん子のワタシはこの何でもできる「むっちゃん」が大好きで金魚のフンみたいに後をついて回ってたものですあせあせ(飛び散る汗)
小学校低学年のワタシに。
プラモデルを作ってくれたり・・
自転車を改造してくれたり・・
パチンコに連れて行ってくれたり・・
クルマの運転を教えてもらったり・・

それから40年。
ワタシも京都で1代目当主?としてシゴトをしているのですが。
最近当社に入社した宮嶋さんがむっちゃんの姪っこということが判明しがく〜(落胆した顔)
ビックラこいて挨拶に行ってきました。
普段は敷居が高くておいそれと行けるお店ではないですが。
「計。よーきてくれたなぁ。」って歓待していただきるんるん(すっぽんドリンクをご馳走になりました・・)
流石にすっぽんパワーのせいか大変元気なご様子。
久しぶりに店内を案内してもらいました。
中はなんともいえない風情があって。
            P1030587.JPG
330年前の歴史を堪能しながら食するすっぽんの味は格別なことでしょう。
          68818110_ce57e92c89_m.jpg
そういえば昔、某保険会社の支社長時代に。
「すっぽんコンテスト」と称してイベント
一流のモノを一流の店に招待するということでモチベーションアップを図ったことを思い出しました。
(当時全国2位になったのはすっぽんのお陰かも)
当社も5月より第4クォーターに突入するので。
久しぶりにやってみますかねぇ・・ひらめき
みんな、大市さんですっぽん食べたいよなっちっ(怒った顔)
m.jpg
当時の憧れの存在むっちゃん...

つづきを読む

不測の事態に備えるのだ

4月27日
当社京都オフィスの古参プランナー。
上畑忠之氏。(通称ゴンちゃん)
プロフィール⇒http://www.holos.jp/index.php?page=staff_detail&stf_code=86&exptitlename=上畑忠之
FP資格はもちろんのこと宅建や住宅ローンアドバイザー資格も有し。
個人の生活設計から保険の見直しまでまさにトータルライフプランニングを身上とし。
すべてお客さまからの紹介のみでビジネスを展開していますひらめき
そのリスクマネジメントのプロ中のプロのゴンちゃんが。
急遽入院しますた・・・ふらふら
先日元気に阪神のカンファレンスで100人超の前で名司会を務めてくれた矢先。
            P1010331.JPG
定例ミーティングに欠席してると思ったら。
前日の夜に下半身に激痛が走り、救急車で搬送されていて病院
椎間板ヘルニアだそうですどんっ(衝撃)
入院期間は約3週間。
あまりにも急なので、ご迷惑をおかけしてるお客さまもいらっしゃるかと。
(事情が事情ですのでどうか
お許しください)

でもしかし。
ホロスプランニングのサポートは万全で。
独立企業家としてのリスクを最小限に抑える為の体制ができてますので。
いざとなっても安心して休養してもらえます手(パー)
ただし。
リスク回避は基本自己責任です。
もちろん。
リスクマネジメントのプロですから。
急な入院で、約1ヶ月業務が止まっても。
医療保険で入院費用や生活費、住宅ローンの支払も万全のようです手(チョキ)
入院生活はご家族含め大変でしょうが。
健康の大切さや生命保険の大切さを体感したゴンちゃん。
退院後は、一回り成長した「ザ・購買エージェント」として活躍されるに違いありません。
お客さま、そしてお客さま候補の皆さまがた。
退院するまで今しばらくお待ちくださいませ。
(くれぐれも他で保険に入らぬように・・・ドコモポイント
              20090427上畑入院.jpg
              みんな保険は大事やで~
...

つづきを読む

噺家の時代

4月26日
来月で休刊が決まったライフスタイル雑誌「Esquire」。
8年前に1年だけ役員をさせていただいてたのですが。
あと1刊でしばしのお休みです。(残念)
今月の特集は「落語 エボリューション」。
             2009042612010000.jpg
噺家はたった一人で高座に上がり。
流れ出る言葉の中で、見えないはずのヒトビトが。
現れてはドラマを演じ、客席には笑いがこだましていきます。
落語は現代のストレス社会で確実に新たな癒しの文化を築きつつありますねぇ。

特集の中では、ワタシの古くからの友人で。
間もなく桂春蝶を襲名する。
桂春菜くんも登場しています目 http://www.katsura-haruna.com/
           P1000199.jpg
彼との出会いはもう10年以上前。
当時ワタシがスポンサーをしていたラジオトーク番組にゲスト出演してからの付き合いですゲーム
ワタシの講演のツカミでも。(そう、いつも滑るツカミです・・)
彼のマクラをかなりパクらせていただいており。(ホワイト家族ネタはオリジナルですが・・)
かつては噺の特訓も受けたことも。(確か「定吉」だったような・・)

時代の後押しと父親の遺伝子。
そして本人のあくなき芸へのこだわりで。
庶民を笑いで癒すエボリューショナルな噺家になってほしいものです。
因みに当グループの研修会社HOLOS-BRAINShttp://www.holos-brains.jp/のコンセプトは。
「教育エンターテイメント」ですパンチ
教育も愉しみながら、笑いながら、リラックスして覚えることで修得度合いが深まるのですひらめき
「噺家」を辞書で調べると。
「口演を職業とするヒト」と有り。
ある意味ワタシも噺家の端くれかと。
場内がハリケーンのようになるツカミを極めるため、これからも精進していきます手(パー)(あんたのシゴトはそれがメインちゃうやろちっ(怒った顔)

...

つづきを読む

裸だったら何が悪い!

4月25日
ご存知SMAP草なぎ剛くんの逮捕劇。
個人的には今回の事件で彼に少し好感を覚えました揺れるハート
確かにスポンサーや仲間には迷惑をかけましたが。
公園でスッポンポンになることくらい。
笑って許せる程度ではないかと。
道でタバコやゴミをポイ捨てしたり。
電車でお年寄りが乗ってきても寝たフリして座ってる大人たちよりマシではないかと。
常にファンに注目され続けることは一般人には理解できないストレスもあったのでしょう。
敢えて彼を弁護しますと・・・
恐らく彼はタクシーで家に帰るとき車(セダン)
檜町公園をスーパー銭湯と間違えていい気分(温泉)(なんせ泥酔状態ですから)
一風呂浴びてサッパリしてから寝ようと思い。
公園(銭湯)に入り。
服を脱ぎ。(その証拠にちゃんと綺麗にたたんであったでしょ)
誰もいない湯船にのんびり浸かり。
つい気分がよくて大声で鼻歌を唄い始めたわけでカラオケ
(元々そんなに歌唱力があるほうではないので叫び声に聞こえたかもしれませんが)
そんな気分上々のヒトトキに。
服を着た男たちがガラガラッと扉を開けて浴場に入ってきてがく〜(落胆した顔)
「こんなトコロで裸で何をしてる!」
って言われたものですから。
彼は当然服をきて風呂場に入ってくるほうがおかしいので。
「裸だったら何が悪い!」
と叫んでちっ(怒った顔)
無理やり風呂から引っ張り出されりゃジタバタしたくなるのも無理からぬことです。
謝罪会見でこんな理由を発表したら。
「そうか。そらしゃーないわなぁ。まぁ今回は大目に見たろ手(パー)

って。(なりませんかね?)
法律違反は仕方ないですが。
少々のコトは笑って許せる心の広~いニンゲンでありたいものですなあせあせ(飛び散る汗)
            葉っぱのholos.jpg
...

つづきを読む