ノビルの達人

4月27日
天気もいいし晴れ
気分転換に。
ウォークヒーリング。(要するに散歩)
近所に流れる桂川の堤防。
菜の花やコスモスが咲き乱れ。
鳥のさえずりや川のせせらぎ。
釣りやバーベキューを愉しむヒトタチの笑い声。
土や草の上を歩く柔らかい感触。
うーんマンダム・・
じゃなくて、うーんヒーリング・・
今日はスコップ持参で。
堤防に自生しているノビル採り。
野蒜(ノビル)。
ユリ科の多年草。
古代から食べられていた野草で、 胃腸を丈夫にし体を温める効果があると言われてます。
素人目にはただの雑草ですが目
              200804271320000.jpg      
掘れば白い根っこが出てきますがく〜(落胆した顔)
              200804271319000.jpg
この根っこを味噌で食べれば結構美味いんです手(チョキ)
本日の歩行数12,704歩足
              .
晩御飯のおかずはノビルふらふら
これをバンバン食べれば業績を身長もノビール(オソマツ・・)
  
...

つづきを読む

奥深きものそれはマナー

4月23日
マナーとは。
行儀?
作法?
礼儀?
身だしなみ?
マナーは定義付けすら難しいのですが。
本日は社員向けの「マナー研修」。
ブレインズの太田専務に講師をお願いしました。
「マナーがなっとらんちっ(怒った顔)」とよく指摘される私も参加。
(モラルもなっとらんという指摘も・・・)
内容は一般的なマナーをレクチャーされるのではなく。
グループディスカッションでマナーの本質に迫ります。
               200804231455001.jpg
マナーの必要性を深く考察していくと個人や企業の活きかたや価値感、存在意義にまで及び。
受講者もそれぞれに気づきが多く。
自分や当社をたな卸しする良い機会をいただきました。
マナーとは?
1.会社や個人の文化レベルや知的レベルが評価される。
2.人間関係の潤滑油となり協調性や信頼関係を生みだす 。
3.お客様とのコミュニケーションを深め業績のアップにつながる 。

常にジャッジするのは相手側なので相手に合わすことが必須なのですが、その相手の評価軸を判断するのがこれまた難しいふらふら
安全に行くなら服装や言葉遣いなどすべてコンサバ(保守的)が基本。
でも金太郎飴のような画一的なヒト(の集団)とは思われたくないし。
「あの会社の社員はマナーが素晴らしい決定
さらに、
「個性的で魅力的な社員が多いですねぴかぴか(新しい)
と言われたい。
非常に抽象的ですが・・・
常に相手を理解し、喜んでいただくために取る行動すべてがマナー。
厳密に言うなら、マナーは「常識」と同じく人の数だけ存在する。
ゆえに(自分の思う)マナー違反を理由に他人を指摘すると、時には泥沼に陥ることも。
要するに。
常に相手を理解するためのコミュニケーションを意識しながらも、相手のマナーはあまり気にならない鷹揚力をつけることが豊かな人生を送る秘訣。
会社としては。
「購買代理」を貫き 「ユーモアビズ」を忘れない活きかたを意識したマナーを実践しよう。
(どんなマナーやパンチ
深い深いマナー研修。
太田さん本当にありがとうございました。
...

つづきを読む

インディアン嘘つかない

4月21日
京都本社激励会で。
隣の席にいたのがA馬プランナー。
テニス界ではシニア全国大会で6位にランキングされてる有名人。
日本人では珍しくハゲがかなり似合いますひらめき
でも本人は気にしているらしく。
「この前毛根植毛の診察に行ってきたんや。」
「なんやなんやそれ」

軽く40オーバーの完璧おっさん集団は興味津々目
(もちろん私も・・)
後頭部の首筋あたりの自毛を頭頂や額の生え際に植毛すると生えてくるらしい。
「150万でいけるらしいけどクルマ買うか迷ってんねん」
「そら植毛やろ。クルマ買っても全然面白ないけど植毛やったらオレもネタでブログに書けるやん」 
(ってもう書いてるけど)

彼の決断を期待しつつ。
実は最近購入した私のハゲ防止グッズは手(チョキ)

(さらに…)

グダグダ披露宴

4月19日
元部下の結婚披露宴。
7年前に某マーケティング会社で一緒でした。
懐かしいメンバーが勢揃い。
「今度部長になりました。」
「そらよかったなぁ」

(研修の営業にいけるな・・・ドコモポイント

「VCに転職して今凄い面白いんですよ」
「ホンマによかったなぁ」  
(うちにもオカネ出させよかな・・・ドコモポイント

「今度独立することにしました」
「おめでとう。応援するで」 
(企業保険の見込み客発見・・・ドコモポイント

歳を重ねることの愉しみは昔関わったヒトタチが元気に活躍する姿を見れることですね。
(利用することばかり考えてはいけませんゾ  オマエやろ)
ところで今日の主役の古屋力(ふるやつとむ)くん。
頭脳明晰さ(早稲田教育学部卒)が隠れてしまうくらい人間味溢れるヤツで。
結構スマートな社員が多い会社の中ではダントツの田舎モンルックスのグダグダキャラなんですが。
その奥様の超美人ぶりにはビックリ仰天がく〜(落胆した顔)
               P1010997.JPG
披露宴もいきなり二次会のような盛り上がりで。
幸せそうな二人とそれを心から祝福する親族や仲間たち。
心が温かくなる良い披露宴でしたハートたち(複数ハート)
(早速保険の提案に行って奥様と再会しよう・・ドコモポイント
...

つづきを読む

ウェイトマネジメント

4月16日
今朝の体重59.4キログラムと想い・・・
ヘルスメーターに乗ってみると目
             200804131119000.jpg
毎日体重計に乗っていると、乗る前からほぼ体重がわかります。
誤差はあっても200g。
マズイふらふら
朝のベストは59キロ。
夜のベストが60キロ。
これが理想体重。
修正は1日でやるパンチ
最悪でも1週間以内で調整します。
方法は食事。(ホントはスポーツで痩せたいんですけどね)
意識して軽めに摂ります。
(因みに昼ご飯は前田珈琲のカレー小。向かいでは安田くんがココナッツチキンカレー大をガッツリと。)
             %EF%BD%8E-0710-%EF%BD%8B%EF%BD%81%EF%BD%92%EF%BD%85-DSC08612.jpg
これでもう何十年体重をキープしてきました。
だからこれは私にとっては難易度小。
ウェイトマネジメントの相手は自分だけですから決定
それに引き換え組織マネジメントは・・・
目標に対するGAP修正を大きくならないうちに手を打つことは同じですが。
そうは問屋が卸さないちっ(怒った顔)
まず相手が多い。
スタッフ。クライアント。競合。環境。
すべてを自分の身体と同一化しないと。
そういえば・・・
よく出張でキャスターバックを転がして歩いていると、周りのヒトにぶつかることがあります。(ぶつけられることもあります)
これは自分の手以上の距離を自分が自分のモノと認識できてないからです。
キャスターバックの先までが自分の身体ならぶつからないはず。
要するに。
組織すべてが自分と同一化できないと。
すべて自分と認識できたとき。
真のマネジメントが可能となり、思い通りになるんでしょうな。

今日のブログ深くね?ひらめき
...

つづきを読む