顔晴れ・天晴れ・五月晴れ!

5月4日
あっというまにもう五月ですねぇ。
(4日もたってから何ゆーてんねん)
五月といえば何を連想します?ゴールデンウィーク?五月晴れ?五月病?
古代中国の哲学理論・五行説によると五月は「物忌み」と、なにやら怪しい時期のように言われています。
言葉は怪しいドコモポイントですが、実は結構科学的です。
春は、虫が盛んに活動し始める季節であり、農耕民族の田植えや種まきの多いこの時期は、植物に付く虫だけでなく、田や水に入ることでかかる皮膚病や寄生虫などは命に関わることもあり、非常に気を遣わなくてはならなかったのです。
それゆえ薬湯である菖蒲の湯に浸かったり、解毒作用のある笹で作ったちまきや滋養のあり解毒作用もある餡の入った柏餅を食べることにより、体を浄め体力を付け、健康を保つように気を配ったと考えられます。
 それだけでなく、芽吹きの季節であると同時に生殖の季節でもあるこの時期は、殆どの動物の情緒が通常より不安定になり、注意力も散漫になります。また現代でも五月病などが言われるように、天候や気温や環境の著しい変化で、ホルモンバランスも崩れ、鬱になりやすく、それゆえ自分だけでなく家族や友人の健康にも気を遣い、端午の節句の時期になると、みな野に出て摘んだ薬草をご近所や友人、使用人にも配ったりして、ともに身の穢れを祓い、心身共に健康であることをお互いに願いあったのだそうです。
昔の人って、なんだかとっても、優しいですよねぇ。わーい(嬉しい顔)
<五行説とは・・・万物は、木、火、土、金、水(もく、か、ど、ごん、すい)という五つの基本物質で出来ているという考え方です。これを五行と称しました。そして、この五つの物質で万物の相互の現象を説明します。これら五つの物質はいずれもどれかの生みの母であり同時に子である関係=相生関係。 ともう一つ、お互いは奪いつつ奪われるという関係=相克関係にある。と言うものです。>
でもどうやら五月は一年の中でも要注意月のようですねぇ。ご用心ご用心パンチ
そういえば、うちのツィンズ1号2号も配属が決まったようです。
五月病にかかってないかと少し親バカぶってブログを覗いてみました目
1号ブログ<配属決定!>⇒http://ameblo.jp/twins-yuta/entry-10032277269.html
2号ブログ<配属発表 >⇒http://ameblo.jp/shota-twins/entry-10032272020.html

まぁ今のところ心配には及ばないようです手(チョキ)
と、いうことで続きはこちら⇒http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list

カテゴリー:日記のブログをもっと読む