哀悼 日本一の無責任男

3月27日
昨晩午前一時ごろ、私の師匠(もちろん勝手に)植木等さんを哀悼し、クレイジーキャッツ全集(CD)を聞いていたら・・
大学時代の親友から久しぶりに電話が。
「もしもし」
「お~堀井~、元気か~?」
「どないしたんや?酔ーてるんか?」
「・・・」
「とうとう師匠、逝ってもうたの~。」
「そ、それを言うな~。今泣いてたんや~もうやだ〜(悲しい顔)

大学時代の自転車競技部の主将(因みに私は副主将でした)。
インカレにも優勝したことある彼も熱烈な植木等ファンでした。
昨年暮れに逝去した青島幸男氏の詞と師匠の醸し出す雰囲気、演技力、声の絶妙なコンビネーションは芸人にとって(誰が芸人やねん)は憧れであり目標でした。(誰が芸人やねん)
「わかっちゃいるけどやめられない」
「黙って俺についてこい」
「はい、それまでよ」
「これで日本も安心だ!」

一般的には現状を否定し、否定され、目標に向かって突き進むことを求められるのが世の習い。
精神疾患で長期休業する社員が後を絶たない昨今。
自己と現状(自分と今)を肯定し、楽観的に活きることの大切さを、まるで現代社会を予測して警鐘を鳴らしていたかのようです。
植木等恐るべし。
本当に偉大なるヒトを亡くしました。
因みに数々の名曲の中で私が気に入っていた曲は、
「実年行進曲。」
            P1000871.JPG 
「気にしない気にしない 
ただ前進あるのみ 行くぞ!」           
1、おれ~たちゃ~実年~ 文句があ~る~か~るんるん
  背ぃは~低いが~ プライド高い~
  機械にゃ弱いが 女にゃ強い
  ガンガン行こうぜ  ま~だこれからさ
  毎晩いっても大丈夫 大丈夫exclamation
2、おれ~たちゃ~実年~ 文句があ~る~か~るんるん
  体は硬いが~ 頭も堅い~
  気が短い分~ 説教は長い~
  馬鹿にすんなよ~ ま~だこれからさ
  毎晩いっても大丈夫 大丈夫exclamation

おなじみ青島幸男氏の作詞ですが、なんと作曲は大滝詠一。
どうです?自分を認め、開き直った中にもできるコトを明るくヤリキル意欲を感じさせてくれる秀作だと思いません?
一般的な成功と個人の幸せは別物。
成功はヒトからの評価が付物ですが、幸せは個人の価値観。
この歌は、実年ど真ん中の私にとって、いやすべての実年男性にとっての応援歌であり、幸せに活きるための聖歌です(かなり大げさ)
ぴかぴか(新しい)
でもカラオケにないんですよね~バッド(下向き矢印)
メロディ付で聞きたいヒト、アカペラでよかったらいつでも聞かせてあげますからねわーい(嬉しい顔)
...

つづきを読む

ベンチャーの梯子

3月22日
東京。
昨晩はツィンズ2号邸に宿泊。
二人仲良く一つのベッドで。(気色悪っふらふら
で、今日は上場ベンチャー企業との商談梯子です。
1件目。マザーズ上場コンサルティング会社副社長と商談。
お昼。元東証1部上場企業常務。現コンサルティング会社社長と昼食。
2件目。ジャスダック上場IT系企業取締役と商談。
3件目。ヘラクレス上場金融企業社長と商談。
今週は、都合7名の上場経験の社長、役員と面談をしました。
さて、この7名の共通点は?

(さらに…)

拾う縁

3月21日
春分の日晴れ
お目出度い祝日の日の披露宴ムード
私が東京の企業で役員をしていた時の部下。
もう6年以上前、わずか1年の付き合いでしたが、その後も折に触れ、事業の進捗や将来の相談などで繋がっていました。
「横浜で遠いのですが是非来てください。昔のメンバーも来ますから。」
「喜んで決定
懐かしい当時のメンバーが集いました。
私の席は、両家の主賓席。
周りは錚々たる企業の社長、役員さんたち。
「おっ、堀井、久しぶりだね!なんか結構がんばってるらしいね?」
「はっ、ありがとうございます。」
宴たけなわになると、異業種の役員同士がビジネスの話で盛り上がっていきます。(新郎新婦そっちのけで)
某社長「もう、1社ですべて完結できる時代じゃないですよ。」
某副社長「同感です。」
某営業副本部長「お互いのリソースを活かしてコラボを検討しましょう。」
某社長「堀井のビジネスモデル、改めて詳しく聞かせてくれよ。」
私「はい、喜んで。」
某社長「IPOも時期を考えろよ。うちも今時下総額が4000億くらいに下がってるからなぁ。」
私の心の声(それでも4000億ですか・・・そんだけあったらもうええんちゃうのん。)
某取締役「まっ、いろんな縁を活かすことですね。」
私「○○さん、近いうちに1時間くらい時間をください。」
某社長「ああ、いいよ。」
私「ありがとうございます。じゃあ改めて秘書の方にアポいれますね。」

披露宴は「拾う縁」ぴかぴか(新しい)
望まれた誘いに喜んで応じていくことで、新たな縁が生まれ、新たな展開が始まっていく。
「宴」の「円」卓で「縁」が生まれ、その「縁」を大事にすれば「¥」になって返ってくるひらめき
う~ん、なかなか「え~ん」でないかい(木久蔵風駄洒落)
新郎新婦に乾杯。そして「拾う縁」に感謝。

            P1000853.JPG
            祝!川畠嘉浩・朋子夫妻...

つづきを読む

命日の誓い

3月20日
22時30分。
「ただいま~」
「おかえり!今日、お母さんの命日やし、お仏壇にお参りしいや。」
「へっ!?そ、そうやな・・」
すっかり忘れていましたふらふら 母親の命日。
もう10年になります。
当時(1997年3月)私は某保険会社の支社長で、支社メンバー全員で熱海に合宿中。
夜の大宴会の最中に急逝の電話。
一人暮らしのお風呂の中で死んでいるのを偶々実家に立ち寄った兄が発見。
「た、大変や~おかんが死んどるがく〜(落胆した顔) すぐに戻ってきてくれ~」と携帯電話の留守電に入ってた兄の上ずった口調の伝言は今も耳に残っています。
翌日の会議をキャンセルし、そのまま夜行に飛び乗って京都に戻りました。
親父を先に亡くし、パーキンソンで少し身体が不自由になっていた母を気遣い、2世帯住宅を検討していた矢先でした。
あれからもう10年か。
早いものです。
親への感謝の気持ちや思い出は何年たっても忘れることはありません。むしろ歳を取るにつれ強まってきます。
それは、もちろん血のつながりや遺伝子の影響もあるのでしょうが、深い愛情を注いでもらい、人生に影響を与えてもらったからこそ感じるもの。
人間の存在価値とは、いかに偉大なことを成し遂げたかではなく、いつまでもヒトの心に残る「何か」をどれだけ周りのヒトに残せたかによるのかもしれません。
かのマザーテレサも、恐らく偉くなろうとか有名になろうとか、そんな気持ちはこれっぽっちもなく、ただ目の前の死を待つヒトタチに差別なく献身的な愛を注ぎ、看護をされたのでしょう。
親が子に与えるような無償の愛を万人に与えることは極めて難しいかもしれませんが、まずは今目の前にいる大切なヒトタチすべてに良い影響を与える言葉や振る舞い、優しい笑顔、理解し合えるコミュニケーションを心がけたい。
って小さな誓いを。
大好きだった母の命日に立てました手(チョキ)(命日忘れてたけど・・・)
...

つづきを読む

春近し

3月18日
有馬温泉 いい気分(温泉) にて無事合宿を終了。
いつもながら会議の内容もさることながら、合宿は食事や風呂、夜の雑談と様々なシーンでコミュニケーションを取る絶好の機会。
私も夜中2時半くらいまで語らいました。
「雑談をいとうな決定
かの鉄鋼王カーネーギーも雑談の中にこそ、人生やビジネスのヒントや気づきがあり、その時間を惜しまず大切にしなさい、と記しています。
チームホロスを牽引するメンバーの熱い想いや知恵を結集し、当社の存在価値を世の中にどんどん発信していきたいものです。
夕方は京都に戻り、ツィンズ2号の彼女ご一家と初対面。
かなり緊張たらーっ(汗)
私には娘がいないので今生では味わいたくても味わえない体験があります。
それは娘を嫁にやる父の気持ちもうやだ〜(悲しい顔)
(寂しさとうれしさと悔しさと安堵感が入り混じっている?)
娘さんを持つお父さんたちから怒られるかもしれませんが、好奇心旺盛な私は、それを味わえるお父さんを少し羨ましく思いました。
美味しいもの。遊ぶこと。趣味。
自分。他人。人間。
季節の移り変り。時代の変化。
仕事。人生。
いくつになっても好奇心、持ち続けたいものですにゃー猫
...

つづきを読む