新しいカフェで脳の嵐はいかが

FM79.7MHz京都三条ラジオカフェ。

 

021[1].gif
http://radiocafe.jp/index.html

日本初のNPO放送局。市民が運営、放送するFMラジオ局です。

その日本初の放送局で、これまた日本初のビジネスモデル「ホロスカフェ.ネット」を、更に日本初の試みとして、様々なジャンルの参加者を集め、そのビジネスモデルの可能性をブレーンストーミングで探っていくという企画を催しました。もちろんその模様をラジオで放映していきます。

スタジオ参加者は20名。
大学教授。
経営者。
公認会計士。
ベンチャーキャピタリスト。
大学院生。
元上場企業の役員。
経営コンサルタント。
元NHKのプロデューサー。

年齢差40歳以上、本当に様々なヒトがスタジオにぞろぞろ集まりだしました。その中で、まず私が、ホロスカフェのプレゼンテーションをカラオケその後、3テーブルに分けて、このビジネスモデルの可能性をブレスト(脳の嵐)していただきました。ファシリテーターは、何冊もの本も出版されている著名コンサルタントの後藤国彦先生。流石にブレストのやり方を理解されてます。

ブレーンストーミングの原則
1、批判厳禁
2、便乗発展
3、質より量
4、自由奔放

しっかり説明しても、提案そのものや、でた意見に対して批判的になる傾向はある程度仕方ないものの、それでも各グループでユニークな意見が次々と出され、最後に発表を聞かせていただきました。中にはすぐに取り入れたいものもいくつかいただき大感謝。因みに今回の企画は当社プランナーの安楽武夫氏によるもの。

安楽さんは、京セラの技術者から保険営業の世界に転進した超変人。16年前、ソニープルコ生命の時代から同じ釜の飯を食った仕事仲間でもあります。氏は、シニアを初め、様々なジャンルのヒトタチのリソースをネットやリアルで融合する場を提供し、知と知をすり合わせ、新しい価値を創造していくことで社会を活性化することをライフワークにしています。豊富な人生経験やノウハウを持ったシニアと柔軟で斬新な発想の学生。

技術者や営業職、そして大学教授や士業職。
ネットとリアル。
口コミとメディア。

伝統と革新の街京都は面白いにゃー猫

カテゴリー:日記のブログをもっと読む