真のプロとは周りを幸せにする人

真のプロとは周りを幸せにする人

目が覚めたら12時過ぎ。

昨日寝たのが確か2時過ぎだったので睡眠時間約10時間。う~ん、すっきりって感じです。今週も、取締役会、オフィス説明会、営業合宿、忘年会、セミナー参加と予定が目白押し。おまけに寒波襲来の予報。巷ではノロウィルスやらインフルエンザが猛威を振るってますので健康にはくれぐれもご注意ですぞ。よって、本日は今週のハードスケジュールに備え、体力温存、風邪予防のため、ネダメ(寝貯め)・ハナタービレ(鼻垂れへんで)の日。

まぁ、PC置いてコタツワークというところです。それにしてもノダメ・カンタービレの影響で、オーケストラが注目されているようです。

オーケストラと言えば、その昔、もう8年ほど前、私がソニー生命でマネジメントをしているとき、ネットワーク地球村代表の高木善行さんの著書「オーケストラ指揮法」を読み、感銘を受けたことを思い出します。
プロのオーケストラの指揮者とは・・・

「考え方は、あなたはどう思いますか?と質問し、あなたの考えを押し付けないこと。」
(なるほど、それぞれがプロであるがゆえ指示命令ではなく自主性、個性を尊重するということやね)

知識は「正しく教えること」

ミスは「よろしくね!」と目で合図。小さいミスで騒ぐほど駄目なリーダーです。

曲創りは、「信頼して任せる」「無条件で相手を信頼し、意見を本当に聴くこと。」

真のプロとは周りを幸せにする人です

組織を活かす、人を活かすヒトのマネジメントスタイルはプロのオーケストラの指揮者の如く。
カンタービレ・マネジメント(歌うような経営)を目指したいものです

ワタスの会社では仲間を募集しています!

ホロスグループでは一緒に働く仲間を募集中です。

保険募集人の方 => ホロスプランニング将来設計士になりたい方へ
それ以外の方 => 人生を楽しめ | ホロスグループのリクルートサイト

カテゴリー:日記のブログをもっと読む