[セミナー受講]コミュニケーションの質を上げることは、自分のみならず、周りの人々を幸せと成功に導く
[セミナー受講]コミュニケーションの質を上げることは、自分のみならず、周りの人々を幸せと成功に導く

「戦略的メタモデル」セミナーを受講

今日は朝からセミナーでした。といっても受講生として参加です。

最近は生意気にも講師をする立場ばかりでしたので、本当に久しぶりです。まあ、日ごろアウトプットが多いので、枯渇しないように新しいノウハウやスキルを仕入れることが必要ですし、謙虚に学ぶ姿勢も忘れてはないませんしね。

参加したセミナーは、

世界初!可能性という選択肢。すぐに使わずに入られない「戦略的メタモデル」

内容は、一言で説明するのは非常に難しいのですが、自分と他者の関係を外から見たうえで、アウトカム(方向性)をセットし、相手の発するあいまいな言語を特定化し、望ましい方向に導くためのコミュニケーション技法???

説明してもよくわかんないですね。プロのコーチやカウンセラーが多く参加されてました。まぁ、内容はさておき、受講生の立場を体験し、改めて気づいたことは、どんな素晴らしい内容や講師でも、受講姿勢次第で成果は全く変わるものだ、ということです。

もちろん、その受講姿勢をポジティブに変えるのも講師の腕ではありますが・・とにかく、学んだ内容を素直に受け止め、具体的なアウトプット(実践)を想定し、常に今おかれている自身の現場に置き換えてインプットする。

そして、即実践し、継続し、習慣化にまで練り上げることで初めて「わかった」から「できた」に到達する。「教える」までいけば、更にOKですね。

コミュニケーションの質

コミュニケーションの質を上げることは、自分のみならず、周りの人々を幸せと成功に導きます。

コミュニケーションの質の低いもの順に例示すると、
1. 一方的に自分の意見を押し通し、人の意見を聞かないヒト
2. ロジックや原則論で正しさを主張し、納得させようとするヒト
3. スキルを学び、問いかけはするものの、自分の答えに誘導しようとする意図が見えてしまうヒト
4. スキルを学び、問いかけはするものの、尋問的になり、力関係から相手が質問者の気に入るような答えをださせてしまうヒト

上記4つは、レベルの違いこそあれ、どれも相手のモチベーションを下げる結果になります。

5、常に相手を理解し、問いかけから気づきや新たな価値観を創出し、目標を明確にさせながら、お互いWIN:WINの関係を構築させるヒト

早く5、のようなヒトになりたいものです。
セミナーは明日も続きます。

ワタスの会社では仲間を募集しています!

ホロスグループでは一緒に働く仲間を募集中です。

保険募集人の方 => ホロスプランニング将来設計士になりたい方へ
それ以外の方 => 人生を楽しめ | ホロスグループのリクルートサイト

カテゴリー:日記のブログをもっと読む