花の女子大生VSウルトラ元気おばちゃん

6月29日
今日は朝から、関西外国語大学のゼミに参加しました。
目下、産学協同のコミュニケーションプログラムを開発中のためです。
ゼミはNLP(神経言語プログラム)。
教科書は「BEYOND SELLING」(英書でした・・・)
内容は、そのNLPを営業に活用するための実践的研究&ワーク。
10時55分 ピンポンパンポ~ンと懐かしいチャイムの音で授業開始。
ゼミのメンバーは21名。
な、なんとそのうち女子が16名。
そ、それもみんなかなりカ・ワ・イ・イ揺れるハート
参加した怪しいおっちゃん3名(堀井・伊東・中村君)は
嬉し恥ずかし状態で最後部席に陣取りました。
(多分私はタイから来た交換留学生と思われていたかもしれませんわーい(嬉しい顔)
1時間半の講座では、自動車のセールスパーソンをモデルに、
その顧客との会話から価値基準のパターンを分析し(メタモデル)、
その上でラポール(信頼関係)を構築するために、固有の
価値観にフィットする言語を使いながら、購買支援者として、
満足のゆく商品を購入していただくシナリオをグループで考え、
発表していくというものでした。
そのプレゼンの内容も学生とは思えないほど、素晴らしいものでした。
        DSC00563.JPG
最後に上地助教授が、「営業の世界で活躍されているゲストから
コメントをいただきます」ということでいきなり振られました。
「社会にでて、最も必要なスキルはコミュニケーション力です!
(私も彼らのような若さで、それを理解していたら・・気づくのが少し
遅かったですねぇ)
是非とも、今学んでいることを忘れないで社会で実践して下さい!
それと、先ほどのロールプレイでの、ホニャララは・・・もう少し
ホニャララで・・・の方が効果的だったと思います。」
なんて、社会人の先輩風を吹かしたちょっと生意気なアドバイスをさせてい
ただきました。
久々に学生に戻った新鮮なヒトトキでした。
上地先生とゼミの皆さんに大感謝です。
その帰路、おばんざい(京都の家庭料理)の店「東錦」さんに立ち寄る。
昨晩久々に出合ったおばちゃんに注文した「ちりめん山椒」を取りにいくた
めです。
このお店は度々雑誌にも取り上げられていて、味もこだわりの食材を使い
京風の薄味で、決して安くは無いですが、味は絶品です。
ただ、なにより味よりお勧めはこの店の「おばちゃん」です。
超度級のマシンガントークと飛び切りの笑顔で勧められるおかずを注文
していくと、昼食予算がついつい跳ね上がります。
でも、味の満足感と、おばちゃんのパワーが乗り移り?元気
が出てくるから不思議です。DSC00565.JPG
                   
是非、一度は体験していただきたい(食事というより学び?)お店です。
さぁ、花の女子大生VSウルトラ元気東錦のおばちゃん対決の結果は?
これから社会にでて活躍していくために学んでいる女子大生たちと、
社会でお客さんに食と元気を与え続けるおばちゃん。
どちらもキラキラ輝いていて甲乙つけがたし!よって「引き分け~」とさせ
ていただきまっす!
あっ、東錦の「ちりめん山しょ」たきたてでおいしかったですよ手(チョキ)
...

つづきを読む

関空着

6月27日
16時ごろ無事関空に到着。
今回、携帯電話もPCもいつも通り使用できたので
帰国直後のメールチェックや留守電チェックも
それほどストレスはありませんでした。
会社に電話し、一旦戻ると伝えると受話器の向こうから歓声が・・
「えぇぇぇ~」
おお、みんな私の帰りを待ち望んでいてくれたのか!
と、思いきや私が帰ると、ついつい皆の帰社時間が遅くなること
を恐れてのブーイングでした もうやだ〜(悲しい顔)
そのブーイングにめげず帰社。
書類、郵便物、メモ、押印簿などがそれなりに机に積まれてましたが、
明日の午前中には処理できそうです。
一つの郵便物を開けると、私が記事を書いている営業専門誌、
「ザッツ営業」が入ってました。
thats0602.jpg
      
日本実業出版社発行の知的な営業人の実践的専門誌です。
今回の私のタイトルは、
「BtoCの第一歩 身内・知人にアプローチする際の留意点」
ですが、各界のカリスマ営業パーソンや経営者たちが
営業パーソンの価値を高めるための様々なノウハウを提供されています。
タイトルの一部を紹介すると、
凡人が達人に変わるマーケティングのリアルヒント
現代トップセールスの法則
プロ営業パーソンはすごいネットワーク(人脈)をもっている
どうです?中々興味そそられるタイトルが目白押しでしょ!
その中で、
「時流 日本セールス協議会発足!」
てのがありました。
理事長は元リクルートのトップセールス高城幸司氏です。
目的は、「トップセールスの育成ではなく、会社や上司が教えてくれない
営業の楽しさを伝え、世の営業パーソンを元気づけること」
共感できますねぇ。
活動内容は、勉強会や情報配信、コーチングを採り入れた営業専門
のカウンセリング、セールスパーソンオブザイヤーの選出など
興味あふれる内容です。
私もプロ営業パーソンたちを「ザ・購買エージェント」として
社会に価値ある存在として確立させたいと思う一人ですので、
興味深々でウォッチしていきたいと思います。
さぁ、明日から時差ボケといわれないようにそろそろこの辺で・・
...

つづきを読む

アロ~~~ハ~~~

6月25日
マウイ三日目です。
起床午前1時半。(って普段なら寝る時間やん!)
午前2時出発でハレアカラ火山山頂スター&サンライズトレックに。
睡眠時間1時間。
ネ・ム・タ・イ・・
ヨッシー小暮氏のガイドによる本ツアーは、通常のツアーとは違うらしく
HP上の参加者の評価(書込み)が、ほとんど五つ星。感動の嵐である。
この実体験者の評価が、利用者の心をくすぐるんですよね~。
で、くるくる山道を上がるごとに気温が下がっていきます。
ハワイというのに冬山の完全防備。
それでも、ブルブル、サ、ブ~~イ
寒いはずです。ハレアカラ火山は標高3055メートル。
なんてったてマウイ最高峰ですから。
2時間ほどで山頂近くの星空のスポットに到着。
この場所も、通常の観光ルートにはなく、最も星空が見やすい穴場だとか。
確かに山頂から眺める星空は、今まで見たことない程の数と輝きでした。
1ダースほどの流れ星 ぴかぴか(新しい)
意外にもハイスピードで運行する人工衛星。
肉眼でもはっきりわかるミルキーウェイ(天の川)
25光年の距離から光を放つベガ(織姫星)。

(真っ暗で写真がないのが残念)
ヨッシーはこの瞬間に観ている光は、25年前の光だと説明してくれました。
寒さを忘れて見入ること30分。
感動覚めやらぬうちに、一気にクルマは山頂へ。
これまた観光バスは実は山頂より下のパーキングしか入らないらしい。
それでも山頂のメインスポットは外人さんたちが日の出を見ようと
ごったがえしてました。駐車場はまるでピークのスキー場のよう。
通常はこの場所で見ることになるらしいのですが、早く来て陣取った
巨漢外人さんたちに阻まれて、ほとんど見ることができないらしい。
ヨッシーは更に差別化戦略に出ます。
更に上に登り、許可がなければ入れないという「ホワイトマウンテン」
山頂を目指し、トレッキングを敢行。
ヒィヒィハァハァゼェゼェ・・
標高3055M。睡眠不足の上に空気も薄く、結構きつい斜面でしたが、
少し息切れしながらも参加者12名全員が到着。
それから繰り広げられた360°の大パノラマ。
    DSC00491.JPG
朝焼けから日の出の瞬間の感動は、
     口では表現できないほどの素晴らしいモノでした!
           DSC00472.JPG
DSC00480.JPG
それにしてもヨッシーのマーケティングセンスは中々のものでした。
DSC00524.JPG
 2001年宇宙の旅のロケ地にも
まとめると、
1、非日常の状況を創る(深夜出発・ハワイで冬支度)
2、その他大勢からの差別化(みなさんだけですよ!)
3、ガイド(ヨッシー)の少人数フレンドリーな対応と
   深い専門知識(星座、高山植物、ハワイの地形など)の説明
           
           DSC00520.JPG
             銀剣草
そして、
4、NO REASON(理屈抜き)の感動体験。
5、体験者の感動の生の声をネットで広げる。
いや~いい勉強させていただきました!
いつかベガのように、自分が放つ光が25年後の誰かに
             影響を及ぼすことができるかな・・
...

つづきを読む

アロ~~ハ~~

6月24日
マウイ二日目。
DSC00440.JPG
昨晩はウェルカムパーティから二次会へ。
ソニックの下川会長、一馬くん、アイリックの勝本取締役さん
たちと懇談。
今朝は少し遅めのビュッフェスタイルの朝食を取り、ビーチで読書。
          
空港の本屋さんで急いで4冊買いこみました。
1、Google ~既存のビジネスを破壊する~
  ⇒ウェブ2.0を理解するには、まずグーグルを知ることから・・
2.数式を使わないデータマイニング入門
  ⇒当社は高感度情報流通業を目指してますので・・
3.リクルートで学んだ「この指とまれ」の起業術
  ⇒数多の新規ビジネスを生み出したリクルート社から
   数多くの学ぶ点が・・
4.スピリチュアルな人生に目覚めるために
  ⇒何を隠そう霊的探求は私のライフワークでして・・・
ということで、滞在中に読破すべく、まず1冊めから、
ZZzz・・わずか20分で爆睡 ふらふら
午後からはラハイナの街へ出かけました。
ところが、1時間に1本のバスに乗って降りるところを
間違えてしまいてくてく歩く羽目に。 
        DSC00428.JPG
でも景色が良くて結果オーライでした!
バミヤンツリー。これで大きな1本の木とは不思議ですね~。
        DSC00446.JPG
ビーチの眩しいビキニ嬢を写すのはちょっと危ないので・・
  DSC00452.JPG
       目の保養
  
夕食は、あの映画「フォレストガンプ」で
フォレストとダン中尉がエビ漁船で
大もうけしてできた店?「ババガンプ」へ
     DSC00454.JPG
 走れ!フォレスト走るのよ!
ひたすら純粋に正直に真っ直ぐ走り続けるフォレスト
を思い出しながら、エビ料理を満喫。 
             
                  DSC00456.JPG
明日は、朝1時半起床で、ハレアカラ火山に登り、満天の星空とご来光を眺め
る予定です。
       DSC00457.JPG
      
...

つづきを読む

アロ~ハ~

6月23日
今マウイに来ています晴れ
ソニー生命さんのビジネスセミナーに招待していただきました。
マウイ島にくるのは15年ぶりくらいです。
思い起こせば、ソニー生命のライフプランナーとして始めて海外コンベンシ
ョンに入賞し、招待していただいた地です。
あの頃33歳、今47歳・・・(来月には48歳もうやだ〜(悲しい顔)
大海原に沈み行く夕日を見ながら、当時、ソニー(プルコ)生命に
入社する面接の中で、
座右の銘はなんですか?
と支社長に聞かれたとき、咄嗟に
         美感遊創
        DSC00410.JPG       
   
と、答えたことを思い出しました。
            
美しいものを美しいと思える心を大事にし、常に遊び心を忘れず、創造的な
人生を歩んで活きたい。
そんな思いを込めて言いました。
美しいものを美しいと感じたり、好きな遊びをすることや、創造的な仕事を
することは、すべて時間や心にゆとりがなければ無理ですよね。
人脈も創造的なアイデアも、ビジネス自体を創ることも
仕事に追われていれば生まれてきません。
「キャッシュリッチも悪くはないが、タイムリッチやマインドリッチも
人生には大切なんだよな~。」

と、改めて感じたマウイ初日でした。
       
...

つづきを読む