ヨッシー小暮氏と行く!ハレアカラ火山の山頂で日の出をみる!
ヨッシー小暮氏と行く!ハレアカラ火山の山頂で日の出をみる!

ヨッシー小暮プレゼンツ、ハレアカラ火山山頂スター&サンライズ(日の出)トレック

起床午前1時半。(って普段なら寝る時間やん!)午前2時出発でハレアカラ火山山頂スター&サンライズトレックに。睡眠時間1時間。

ネ・ム・タ・イ・・

ヨッシー小暮氏のガイドによる本ツアーは、通常のツアーとは違うらしくHP上の参加者の評価(書込み)が、ほとんど五つ星。感動の嵐である。この実体験者の評価が、利用者の心をくすぐるんですよね~。

で、くるくる山道を上がるごとに気温が下がっていきます。ハワイというのに冬山の完全防備。それでも、ブルブル、サ、ブ~~イ。寒いはずです。ハレアカラ火山は標高3055メートル。なんてったてマウイ最高峰ですから。2時間ほどで山頂近くの星空のスポットに到着。この場所も、通常の観光ルートにはなく、最も星空が見やすい穴場だとか。

確かに山頂から眺める星空は、今まで見たことない程の数と輝きでした。

1ダースほどの流れ星
意外にもハイスピードで運行する人工衛星
肉眼でもはっきりわかるミルキーウェイ(天の川)
25光年の距離から光を放つベガ(織姫星)

(真っ暗で写真がないのが残念)

ヨッシー小暮氏はこの瞬間に観ている光は、25年前の光だと説明してくれました。寒さを忘れて見入ること30分。感動覚めやらぬうちに、一気にクルマは山頂へ。これまた観光バスは実は山頂より下のパーキングしか入らないらしい。それでも山頂のメインスポットは外人さんたちが日の出を見ようとごったがえしてました。駐車場はまるでピークのスキー場のよう。通常はこの場所で見ることになるらしいのですが、早く来て陣取った巨漢外人さんたちに阻まれて、ほとんど見ることができないらしい。

ヨッシー小暮氏は更に差別化戦略に出ます。

更に上に登り、許可がなければ入れないという「ホワイトマウンテン」山頂を目指し、トレッキングを敢行。

ヒィヒィハァハァゼェゼェ・・
標高3055M。睡眠不足の上に空気も薄く、結構きつい斜面でしたが、少し息切れしながらも参加者12名全員が到着。それから繰り広げられた360°の大パノラマ。

朝焼けから日の出の瞬間の感動は、口では表現できないほどの素晴らしいモノでした!

2001年宇宙の旅のロケ地にも

ヨッシー小暮氏のマーケティング

それにしてもヨッシー小暮氏のマーケティングセンスは中々のものでした。

まとめると、
1.非日常の状況を創る(深夜出発・ハワイで冬支度)
2.その他大勢からの差別化(「みなさんだけですよ!」)
3.ヨッシー小暮氏の少人数フレンドリーな対応と深い専門知識(星座、高山植物、ハワイの地形など)の説明

銀剣草

そして、

4.NO REASON(理屈抜き)の感動体験。
5.体験者の感動の生の声をネットで広げる。

いや~いい勉強させていただきました!

いつかベガのように、自分が放つ光が25年後の誰かに影響を及ぼすことができるかな・・

ワタスの会社では仲間を募集しています!

ホロスグループでは一緒に働く仲間を募集中です。

保険募集人の方 => ホロスプランニング将来設計士になりたい方へ
それ以外の方 => 人生を楽しめ | ホロスグループのリクルートサイト

カテゴリー:日記のブログをもっと読む