持続可能性。中小企業経営者が求める保険営業パーソンのあるべき姿とは。
持続可能性。中小企業経営者が求める保険営業パーソンのあるべき姿とは。

1年くらい前からの五十肩がようやく完治しかけたと思ったらもう7年以上毎週通っている加圧トレーニングの鬼コーチメニューが急にハードになり翌日の今日はパソコンのキーボードを叩くだけでも上腕筋と大胸筋に激痛が走るこんなことなら五十肩が治ったと言わなければよかったと後悔している還暦間近のシックスパッカー@ケーホリーですこんにちわ。

ところで。

先週のブログで保険業界に身を置いて28年目に突入したことを報告しましたが、さすがに保険募集そのものを最前線で行うことはあまりありません。かと言って全くないかというとそうでもなく、古くからのお客様から相談があったときには教育も兼ねて後任を連れて同行訪問をすることがそれなりにあります。

最近では27年まえに長期平準定期に加入いただいた経営者が65歳になり元々設定していた解約返戻金のピークを迎えることで訪問。経営は生モノですね。当初の提案通りにここでハッピーリタイアメントで退職金を取っていただくということにはなりませんでした。後継者不在で現役続行、減額手続きで一部を益出しし、残りはもうしばらく継続していただくことで話がまとまりました。

今週も法人の経営者訪問がありました。そのお客様はワタスが独立して間もない17年くらい前にご契約をいただいたのですが、当時ネットで検索されて飛込みで訪問いただきました。京都で乗合代理店を探したところ弊社がヒットしたということでわざわざ来社いただいたのです。まだ巷に保険ショップはほとんどなく乗合という販売手法が普及していなかった時代です。そのお客様もまだ法人ではなく個人事業主でご夫婦で事業を営んでられました。

その後事あるごとに保険以外のご相談をいただいたり、資金繰りが苦しいときは契約者貸付をご利用いただいたりとしてきたのですが、久しぶりにご連絡をいただき訪問させていだきますと。

なんと、法人化され、おまけに自社ビルまで購入されて工場をそこに移転されていたのです。今回はそれに伴う火災保険や法人としてのリスクマネジメントのご相談でした。苦しかった時(契約者貸付時)を知っているだけに、そのお客様が危機を乗り越え発展されていることを聞き、とても嬉しく思いました。

今回も就業不能時の収入確保から決算対策、退職金積立、賠償責任等保険を活用したご提案から保険以外の資金繰りや助成金申請など多岐にわたるアドバイスをさせていただき奥様含めてかなり安心をしていただけました。つくづく思うことは中小企業の経営はイイ時もあれば苦しい時もあり、中々筋書き通りにいかないものだなぁと(実体験含め)

それでも社員がいてその家族も養い、とは言っても借入れも有り常に資金確保に奔走し、やっと儲かればそれなりの税金をキャッシュで納め、退職年齢や退職金が決まってあるわけでもなく最前線で働き続ける経営者がほとんどですから客観的に見れば中小企業の経営者は結構大変だなぁと思うわけです。

だからこそ、その経営者に寄り添い、その経営者の課題解決や自己実現をサポートする存在の意義は大いにあると思うわけです。経営者と一体化して持続可能性を追求し、FPとしてのお金回り全般のアドバイスに留まらず、時には経営者のコーチとなり、時には健康アドバイザー、占い師、社員教育の講師、M&Aのアドバイザー等などその経営者のブレインとして御用達の存在になることで顧客から絶大な支持をいただくことができると思うのです。それが担当者個人を超えて会社全体でフォローする仕組みを構築することが、AIやロボットではまだまだ対応しきれない保険代理業の付加価値になるのではないでしょうか。

常に顧客本位をベースにした「OWN AGENT(オウンエージェント)」の必要性をもっと世の中にアピールしていこうと思います。因みに弊社のコーポレートメッセージは「MAY I HOLOS YOU? ~あなたらしい素敵な活き方応援します~」。

日本の中小企業数は約380万社といわれています(中小企業白書より)

弊社の将来設計士はその、日本を支える約380万人の中小企業経営者の「素敵な活き方を応援」することも大きなミッションと位置づけ、多岐に渡るサポートをしていきますので是非お気軽にご相談ください。

企業のオウンエージェントでもある将来設計士として活躍したい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

保険業界の縁の下の力持ちも募集中です↓
https://www.wantedly.com/projects/188238

カテゴリー:保険ビジネスのブログをもっと読む