師走突入。保険募集人の事業承継を本気で考える。

とうとう今年も師も走り回るという師走(しはす)に突入しまだまだ師と呼ばれるには程遠いワタスもいつもにも増して走り回る状態が続いているもののそれはただ足を止める根性が無いだけの旧式回遊魚経営者@ケーホリーですこんにちわ。

何となく数えてみると直近の月曜から土曜では会議打合せ9回、商談3件、研修講師3件、会食6件、東京出張2往復で特に会食頻度が上昇しています。お酒は超弱いので(梅酒2杯が適量・・)暴れてリモコンで頭をドつきまわすことはしませんがこれから年末にかけては忘年会が目白押しです。

これは一般的には忙しい人と判断されるのかもしれません。ですが、基本ワタスは自ら。

「忙しい」

と口に出すことはしないようにしています。なぜなら、

「心を亡くすから」(ありふれた表現ですが)です。

社内や割と近い人は言わなくてもだいたいその人が忙しいか忙しいふりをしているのかは見ていればわかります。それを敢えて口に出して「俺は凄いだろ」と暗にアピールするのは「もっと自分に気を使ってほしい」「もっと自分のことを尊敬してほしい」「もっと自分のことを評価してほしい」という心理が隠されています。

その気持ちを理解できなくはないですし事実忙しい人には気を使ってあげる余裕や配慮も必要です。ただワタスは一応これでも会社の代表なので、その言葉を吐くと「周りに気を使わせ」「気を使って近寄りがたくなり」「壁ができてしまい」「コミュニケーションの頻度が下がり」「貴重な情報も入らなくなり」「信頼関係が崩れていく」。

つまり「心(信頼関係)が亡くなる(離れていく)」ことになっていくことを知っているのです。

なので皆さん。

ワタスから「忙しい」とは言わないのでどうぞ忖度して予定をいれてください(笑)

でもしかし。

組織としての理想はワタスが「何もすることがない」状態になることです。仕事を奪い取られ暇で暇で仕方ないので全国のオフィスに予定も入れずにふらっと突然現れ社員から嫌がられたり、老人ホームとかに営業に行ってボランティアで落語会をしたり、本社の前に机を置いて街行く人に占いをしたりしながら暇をつぶす日々を送ること(笑)

DO(行動する)のマネジメントからBE(存在する)のマネジメントに変わっていかなくては会社の更なる成長は期待できないことでしょう。

ということで。

マネジメントとは部下を育て自分の存在を消し去れたとき(自分がいなくても仕事が回る)次のミッションが渡されるものですが、その自分の存在を消すことに勇気がいるものなのです。経営者(上位職者)は組織の持続性をはかりながらどうスムーズに事業承継をしていくかに頭を痛めながらも自らの存在が消えてなくなることに恐怖感を抱いているのです。

それは保険募集人も同様で。

高齢化に伴い「いかにスムーズに事業承継をしていくか。それを誰にするか。いつ頃するか。その後自分はどうするか。」に頭を痛めている人が増えています。

実はそれをテーマにブログを書こうと思って書き始めたのですがイントロが長くなりすぎたので、このネタは次回に譲ることにします(すいません)。ご興味のあるかたは来週のブログを楽しみにしていてください。ではサヨナラ・サヨナラ・サヨナラ(最後は淀川長治風で・・)

保険募集人の事業承継の仕組みを持っている代理店の話を聞いてみたい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

 

https://holos-sim.com/wizard_start

カテゴリー:日記のブログをもっと読む