ほんまかいな。運を引き寄せる瞑想ジョギングとは

実はここ3週間ほど連続で週末に10キロ程度のジョギングをしています。


2016-07-03 19.10.47-2.jpg

その理由は3つ。
1つは足腰と心肺を鍛えるため。
2つめは綺麗な夕日を見たいため。
3つめは瞑想をするため。


1つめは当たり前の理由。2つ目は自宅近くの堤防から見える京都の西山に沈む夕日がとても綺麗なのです。そして3つめはいつもながらの妖しい話です・・


因みに最近は瞑想ブームです。最近NHKで特集されました「キラーストレス」でもうつ病の改善手法に「マインドフルネス」という瞑想が効果的であると報告されていました。このマインドフルネスは今米国でも大ブームでグーグル社でも取り入れられている程です。ワタスも昨年入塾した天外塾では様々な瞑想法を伝授いただき、今もそれなりの実践をしています。


瞑想法がなぜビジネスの世界でここまで取り入れられるようなったのかというと、それはあまりにもストレスを抱えるビジネスパーソンが多く、本人が社会生活や家庭生活に支障をきたすだけでなく社会全体や所属する企業やその家族にも支障をきたすことが急増しているからでしょう。


瞑想をするかどうかはあくまで本人次第ですが、ワタシ的には課題が2つあります。それは瞑想に時間を割くことが難しいのと、目をつぶったら即寝るということ・・・


そして実は。


その2つの課題を同時に解決するために新しい瞑想法を開発しました(というほどたいそうなものではありませんが・・)
それが瞑想ジョギング、つまり瞑想しながらジョギングするという方法です(なんじゃそら)


これは一般道路では危険ですがワタスのジョギングコースは長い歩行者自転車専用道の堤防なので比較的安全なのです。その道をスロージョグしながら「ソーハム瞑想」を行うのです。このソーハム瞑想とはなんじゃらほいと言うことですが、これは「ソー」で鼻から息を吸い、「ハム」で息を吐くという瞑想法。このソーハムというマントラ(真言)を心で唱えながら瞑想することで宇宙と一体となるというものです(詳しくはソーハム瞑想で検索を)さすがにジョギング中に寝ることはありませんし、時間も通常は20分から30分を座って行うのですがこれですとトレーニングしながらなので一石二鳥です。

では、これで何か効果があるのかという本質的なところが問題なのですが・・


まずこのソーハム瞑想の効果を書籍「運のよさは瞑想でつくる」から抜粋すると、


51z6SXTHIML._SX330_BO1,204,203,200_.jpg


①直感が冴える
②夢中になり、時間を忘れる
③行動を起こさずにはいられないメッセージ的な言葉を受け取る
④執着しなくなる
⑤引き寄せる
⑥タイミングよく手配される
⑦即行動に移すのが怖くない
⑧展開が早い
⑨いつでも平常心
⑩いつの間にか条件が揃う
⑪人を介した導きが増える
⑫「ひとつだけ」用意されていることが多い


という「ほんまかいな」ということがたくさん羅列されているのですが、実際ワタスが数か月前から実践していることで「ほんまやんか」という現象が起こっているのも事実なのですよこれが。


瞑想ジョグはまだ3週目ですので効果はこれからですが、ワタス的には座ってやるより屋外で風を感じ、夕陽を眺め、鳥や虫の鳴き声を聞きながら大地に足を踏みしめてやるほうが宇宙との一体感を感じて効果があるような気がしています。上記12項目はいわゆるシンクロニシティと言われるものですが、ここしばらくの間で⑤⑥⑧⑩⑪を体感しています。


どうです?やりたくなったでしょ?(え?そんな妖しいのに興味ない・・)


ま、信じるものは救われるという話もあるので、もしご興味あるかたは一度試してみてはいかがでしょうか(もちろん効果は保証しません(笑))


転職を機に運を引き寄せたいかたはこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html


flow_01.gif

カテゴリー:日記のブログをもっと読む