1社くらい国民医療費37兆円を減らすことを本気で考える代理店があってもいいじゃないのか。

11月7日
生命保険という商品は万一のことが起こった時、遺された家族や社員が経済的に路頭に迷わないために加入することが第一義である。
その商品を販売する募集人や代理店は顧客ニーズを汲み取り、そのニーズに合致するプランを組み立て合理的かつ納得度の高い提案を行うことが使命である。
さらにご契約後は終身担当として顧客に寄り添い、適時ニーズの変化に即した見直しの提案をしつつ最終的には万一時の納品(保険金支払)を迅速に行い、ご遺族を経済的不安から解消してあげることも大切な大切なシゴトである。
と、ここまでは当り前だのハ・ナ・シ。
最後の最後、起こった時(病気や介護、死亡)には保険金は必要ですが、本当に顧客が望んでいることは何なのでしょうか?
・それはできれば死ぬまで健康でいたい。
・病気なんかになりたくない。
・どうせなら元気で若々しく精力絶倫のまま歳を取りたい。
ということなのではないでしょうか。ならば当社はそれを使命としようじゃないかと。保険金を払うのが当り前だとすれば、その当り前を超えようじゃないかと。
ということで、一昨日予防医学の専門医金城先生をお招きし「予防医学セミナー」を開催しました。金城先生は大学病院の集中治療室で何百人もの重篤患者を担当し、そのほとんどが多額の医療費を掛けながら亡くなっていく経験から、これからの日本に必要なのは病気になった方を救うことではなく、いかに病気にならないように予防するか、つまり予防医学の普及が必要だという結論に至り、大学病院の部長というエリートコースを捨て、予防医学の普及に身を捧げたドクター。
      med-kinjophoto.jpg577507_562180053850464_499875350_n.jpg
縁合って意気投合し、当社のコンセプト「最も保険金支払が少ないエージェントを目指す」に向けた具体的サポートとして、まずは我々自身が予防医学の知識を身に着け、更に金城氏が独自開発した診断結果により個別の生活改善プログラムを提供するという「ドクターセルフチェック」システムを導入すべくこの度研修会を開催したのであります。
目の前のお客さまが極力病気にならないように、いつまでも若々しく元気でいてもらうことは大きな社会貢献。その結果が医療費削減に繋がるなら、国民医療費37兆円は減った分だけ国民が倖せになるということです。
また、今健康情報は関心が高いがゆえにメディアで情報が氾濫し、何が本当かがわかりづらい状況にあります。トマトがイイと聞けばトマトを買占め、サバが痩せると聞けばサバ缶が売り切れになり、次々と楽に痩せる器具やサプリがネットで売られています。正しい情報を見極め、自分に合った手法を自身で選択するのはそれなりに大変な時代ですよね。
シアワセな老後には生きがいとそれなりのお金、心身の健康、そして人(家族や友達)が必要です。
当社は、経済の健康をサポートするだけでなく、心身のサポート、ホリスティックケア(予防医学の正式呼称)までアドバイスできるフィナンシャルプランナーを養成し、顧客の倖せと日本国の医療破綻を救うことにチャレンジしていく所存です(かなり本気です)
...

つづきを読む

波瀾上等。業界の救世主現る!君はリアルHOLOSクンを見たことがあるか(堀井計の午睡更新)

11月2日
2013年最後の一大イベント、HOLOSオーナーズカンファレンス。
2002年に営業展開して以来、まだ数人のプランナーしかいなかった頃から継続してきたこのイベントも今回で27回目を迎えました。設立当時は保険会社さんの会議室をお借りし、企画から運営までを私とスタッフ1人でやっていたものですが、今では一流ホテルの会場に全国から約400名の参加者が集い、企画から運営までをすべて社員たちが分担してやってくれます。そして昔も今も変わらないのはすべて手作りだということです。
今回のテーマは、
「Change to The Chance!
  ~波瀾万笑 倖せの10倍返しだ!!~」

保険業界、特に代理店の業界は規制強化により、大きな変革を余儀なくされています。その着地次第では廃業に追い込まれる代理店が続出するかもしれないインパクトがあります。
  1001275_534338819977155_646361055_n.jpg 999098_534334283310942_1125494548_n.jpg
実は。
その業界崩壊の危機に救世主が現れました。
そう、あの伝説の救世主、リアルHOLOSクンです!
        2013-11-01 19.40.33.jpg
          ・・・・・・
気を取り直して。
今回のカンファレンスではその一見ピンチと思える現実を機会的(チャンス)に捉え、波瀾万丈(非常に高いこと)を波瀾万笑(笑いまくる)に変え、お客さまの倖せをただひたすら追求することで道は拓けることを参加者全員で共有しようという意図でした。
実はこのイベントには創業当時から一貫してこだわってきたことが3つあります。それは、
1.OPEN(関係者全てに数値を開示)
2.VISION(向かおうとしている方向を共有)
3.HUMOR(常に笑いで溢れる社風を創る)
当社が今、曲がりなりにも保険業界でそれなりの存在感を放っているのは、この3つを意識して年2回の開催を10年以上継続してきたからだと確信しています。
これによりプランナーさんとの結束力が強まり、社内外(業界)にファンを作り、そしてこの3つのコンセプトを汲んで企画運営に主体的に関わることで役員と社員が育ってきたのだと思います。
まずは決めたら継続すること。
ただ継続するだけでなく前回より更にクオリティを上げようと一人ひとりが意識して行動すること。
与えられた役割を役割通りに遂行するのではなく、その役割の期待値を超えた部分だけが相手に感動として伝わるのです。感動いただくことで応援のエネルギーが貰えるのだと思います。
続きは↓
http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2013&menu_month=11&exptitlename=2013-11

1426372_534339876643716_1398928765_n.jpg1383435_534330643311306_1180901585_n.jpg996642_534330939977943_2051511146_n.jpg...

つづきを読む