人の寿命も会社の寿命も長いだけじゃあ意味が無い

11月30日
会社の平均寿命は一体何年なのか?
これには諸説がりますが事業所・企業統計調査によりますと設立時期にかかわらず、5年後の会社の残存率は70%~80%程度で、2割~3割が倒産するということになり。
そうするとどうなるかと言うと会社の寿命は10年続く企業は51.6%、20年続く企業は27.5%、30年続く企業は17.6%、40年続く企業は10.6%、50年続く企業は6.8%、60年続く企業は4.4%、90年続く企業は1.1%となるそうです。
つまり人の寿命は約80年ですが、働く期間で考えれば40年続く企業は1割だけとなります。
実は昨日ホロスプランニングのマーケティング事業部を分社化した当グループ会社の㈱L.T.V.が設立1周年を迎えました。
この会社は保険事業支援業として、保険業界で働くカタガタの成功をサポートすることを使命として生まれたのですが。
その前身は遡ること8年程前、まだホロスプランニングを設立して間もない頃のこと、ベンチャーキャピタルさんから出資していただいた資金を元々構想にあった顧客管理システム「CSB」や会員用サイト「HOLOSドリームウェブ」の開発に投下し、顧客を会員化して組成した独自共済の運営、更に教育研修事業まですべてをほぼ一人で同時並行で行うという無謀な行動を取ったことに始まります。
今から思えばできるわけないことは一目瞭然なのですが、当時は若気の至り(といっても45歳くらい)と言いますか経営者として未熟だったのでしょう。結果は惨憺たるあり様で会員化は進まず頓挫、任意共済も業法改正で中断、当時の主要メンバーは愛想を尽かしてそのほとんどが組織を離れ、ワタスも心身ともにボロボロになりました。
かろうじて最も資金を投下し、乗合代理店がこのまま成長すれば必ず必要になるという想いを強く持って開発したCSBだけは諦めず開発を続けました。
それからそれなりの月日が流れたのですが、その当時の想いを捨てきれず、当社の成長に伴うリソース(人的金銭的資源)の余裕度に合わせて準備を再開し、そして本体で徐々に成長させながら昨年の昨日分社化に踏み切ったわけです。
今メンバーは笠原社長を筆頭に常勤7名。ワタスの夢を託して1年が経過しました。まだまだ課題はあるもののチームワークは万全です。
個人的な価値観ですが、人もただ無為に永らえて生きるだけなら太く短くても活き活き生きたほうがイイ。企業もただ無為に生活の糧のみに身を置くのなら、ただ儲けるためのみに経営をするのならいっそ潰すか事業ドメインを見直して再生させるほうがイイと思っています。
L.T.V.は少数精鋭でも骨太で、顧客貢献を使命とする保険営業パーソンやエージェントの支えとなり、名前通りの顧客生涯価値を最大化する企業として成長して欲しいと思います。
皆さまこれからもL.T.V.をご支援ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたしまする。
HOLOS-MAGIC!!
                 写真 2012-11-30 0 25 15.jpg
    90年続く1.1%の企業に入ることを草葉の陰で見守る所存の老体社長に慰労の↓を                   
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む