イノベーションを起こしたいなら緊急事項ではない重要事項に日付をいれろ(コラム更新)

6月10日
どうやら今年も梅雨が始まったようですね。
   コンビニの傘を無料レンタルにしどこでも返せるようにすることに賛成のヒトは↓を
               
人気ブログランキングへ
ところで当社は7月決算。
目下来期からの中期経営計画(3か年)策定に取り組んでいます。
天変地異、世界経済の変動など時代の変化は年々早く激しくなり、1年先も中々読めない時代ですが、未来戦略を立て、それに向かっていく意味や価値や目的をメンバーで固めたうえで数値化し、行動レベル(KPI)に落し込み、業務をできる限り単純化(わかりやすく)していくことはとても大事なことです。
私はいつもプレゼンテーションの場で当社のビジョンや戦略を語った時、
「会社のビジョンや方向性に皆さんの夢や目標を重ね合わすことができますか?」
と社員やプランナーさんに問いかけるようにしています。
もし重ね合わすことが出来なければ、目指す目的地が違うとすれば今同じ船に乗るべきではありません。もちろん今の収入の糧として、今愉しいから取りあえずここにいるということが悪いということではありません。
それはそれでとても大事なことだと理解しています。今日、今の完全燃焼の延長が未来を創ることになるからです。でも、未来に夢や希望や存在価値があるから今この時間を仕事に投資することが出来るとも思うわけです。
将来株価が上がると思えばこそ今の価格で株を買う(株式投資)
将来会社を背負って立つ存在になると思えばこそ今新卒を採用する(人材投資)
将来この知識やスキルは社会に役立つと思えばこそ今勉強に励む(時間投資)
つまり何かのリターンを期待するから今投資に踏み切るという決断をするわけですね。
続きは→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2012&menu_month=06&exptitlename=2012-06

カテゴリー:日記のブログをもっと読む