数多の成功者が信じるカマキリの卵伝説とは

2月2日
日本列島は2日、強い寒気の影響で日本海側を中心に引き続き大雪に見舞われ。
雪崩など被害があちこちで起きています。
最近でこそ見なくなりましたがかつては新聞のスポーツ面の積雪情報を必ず見る習慣がありました。それはスキーが趣味だったこともあるのですが、かつて仕事でもあったからです。
もう20年以上前の話ですが、当時最大手流通業の関連会社でスキー用品のバイヤー(買付)をしておりまして、積雪量即ちスキー可能日数とスキー用品の売り上げは直結していたからです。
ただ、買付量やオリジナル商品の製造量などはシーズン前に発注しておかないといけないので
積雪量を予測する必要がありました。
今年は雪が多いのか少ないのか・・今でこそデータ分析がシステム化されていますが当時は最先端流通業でも結構いい加減でありまして。
その時まことしやかに囁かれていたのが。
「堀井バイヤー、今年はカマキリ、結構上(木の)の方に産んでるので雪多いですよ!」
「・・・」

                 かまきりの卵.jpg
都市伝説のような話ですが、新潟方面の業者さんはこんな情報を持ってきてはたくさん発注を貰おうとしてたんですよね。
カマキリは冬が来る前に積雪量を予測して雪が積もるより上に卵を産み付けるという話で、だから上に産めば産むほどその年は雪が多く降るということです。
え、それでどうしてたって?
もちろん妖しいこと好きなワタスはちょっと多めに発注してました(笑)
この話が嘘か誠かわかりませんが、まだまだ世の中には現代科学ではわからないような動物や昆虫の生態や自然現象はたくさんあるはずですし、人間にも文明の発達とともに埋もれてしまった潜在能力や直観力があるはずです。
だから。
かの天才物理学者のアインシュタイン博士も、「常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」とも言われているわけですし。
あまり自分の価値観や経験値によって凝り固まってしまった「常識」というものを「正しい」と決めつけない方がいいのではないかと思うわけです。
「いや、それは違うな」とか「ありえないな」みたいに否定から入る人より、まずは「へぇ~」とか「ほぉ~」とうなずいて、それもありかもしれない、とかその考えを自分の中に取り込んだらどうなるだろう、という思考を持つ方が、企画やビジネスのタネも見つけやすいし。
結果「話しやすいヒト」になると外からの情報が入りやすくなると同時にヒトが集まり、運が運ばれやすくなるのではないかと思います。
あ、誰かカマキリの卵の真実を知っていたら教えてください手(パー)
  昔プロスキーヤーを目指した今フロスキーヤー(早く風呂に入りたい)に喝の↓を
                
人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む