教育論。トンビがタカを生むために必要な三つの処方箋(堀井計の午睡)

2月5日
いつも2月になると思い出すことがあります。
    残念ながらバレンタインの甘い思い出ではありませんがもしよろしければ↓を
             
人気ブログランキングへ
実は私は今から21年前の2月、32歳で保険業界に足を踏み入れました。
仕事は保険契約が手数料(収入)に直結する完全歩合制というスタイルでしたから気持的には脱サラ、「俺は独立するんだ」という決意で臨んだ転職でした。
リクルートされた際、ビデオですがカリスマ創業者から「ライフプランナーという仕事は自分で自分の歯車を回すアントレプレナー(独立企業化)であり、価値ある存在だ」と語りかけられ、よりその意識が醸成されたのでしょう。
そして私は所長、支社長という職を経て、10年後の42歳で改めて本当の起業をすることになります。
当時、高校生だった双子の息子にアホ呼ばわりされました。
「親父何考えてんの?まだ俺らこれから大学も行かなあかんのに無謀なことして。エー歳してアホちゃう?」と。
確かに支社長としてそれなりの地位や収入もあり、家も購入したばかりで多額の住宅ローンを抱えてましたから最もな話です。
その後もう1回アホ呼ばわりされたことがあります。
続く→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2012&menu_month=02&exptitlename=2012-02

カテゴリー:日記のブログをもっと読む