万物も身体も心もすべては循環しているのだから

1月18日
「口に入れる食べ物で身体ができるように耳から入れる言葉で心ができる。だから愚痴や悪口を耳に入れない環境をつくる。すると運が向いてくる」

落合元監督は心技体ではなく、体技心。やはりアスリートだけあって大事な順番はまず体だと。体がしっかりしてこそ技が身に付き、そして心(人間力)ができると言われています。
その身体はどうして造るかというと口から食べ物を入れて、様々な養分を体内に取り入れ、そして排泄するという「循環」でできていきます。
イイモノを入れてイイモノを取り込んでイイモノを出すのが好循環。
現代社会では出たウンチに良いも悪いもないですが、昔はこのウンチが土壌の微生物によって分解され、イイ土となり植物が繁殖し、その植物の実を動物が食べ、消化できずにウンチと一緒に排泄された種がまた土に落とされ、また植物が広範囲に育っていくという循環で地球は成り立っていたわけです。
ワルイモノを入れるとワルイモノを取り込んでワルイモノを出すのが悪循環。
耳から愚痴悪口泣き言文句を入れるとそのネガティブな感情が心に留まり、更につい口から外に排出され、それが広がり軋轢や誤解、欠席裁判など悪い風土を作っていきます。
循環のサイクルのポイントは、身体も心もただ入って出るという完全スルーは無いということ(医学的には知りませんが)
要は、身体の場合は食べ物であれ水であれ空気であれ、入ったものは何であれ必ず自分の身体に影響を及ぼしてから出るもので。
心の場合も、聞いたもの(インプット)を一旦脳に取り込んで感情処理をしたり、自分なりの解釈したりしてから出す(アウトプット)ことになるので、その受け取り方のクセが人格を創り、周囲に影響を及ぼし、人生を方向付けることになります。
身体と心で違いがあるとすれば。
口から入れるモノは自分の意思で選択できますが耳から入れるモノは勝手に聞こえてくるケースも結構あります。でも一旦入ると身体の場合は入った時点で自分の意識ではどうすることもなく自律神経の働きで消化され排泄されていきますが、心の場合は自らの意思や受け取り方で排泄される言葉を変えていけるということです。
もちろん耳から入れるものも自分の意思でヒトや集団を選択することもある程度は可能ですからどんな環境に身を置くかとか誰と付き合うかも重要でしょう。
いずれにしてもどこからか聞こえてきたネガティブな言葉は、そのまま出さず一旦濾過してから排出し、悪循環を断ち切る存在でいたいものですね。
で、話は元に戻りますが。
身体の循環で何を口からいれるのがイイかと言いますと。
もちろん色んな食べ物があるでしょうが、最も大事なものは「水」ではないかと思うわけです。
話が長くなりそうなので次のブログに続く・・
(もうすぐ品川に到着するので)

               続きの妖しい水の話を聞きたい方は↓
                人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む