富を約束する6つの感性とは

11月6日
最近体脂肪が一向に減らないので加圧トレのトレーナーに文句を言ったらアドバイス通りに炭水化物を抜かないからだと反撃されご飯もラーメンもうどんもスパゲッティも好きなワタスとしては抜く根性がないのでそれなら走って減らそうじゃないかとこの週末は久しぶりに連続でスロージョギングをした意志薄弱男@堀井ですこんばんわ。
いよいよ当社の一大イベント「HOLOSオーナーズカンファレンス」が今週金曜日に迫っていることもあり、外出も控えて資料作りに勤しんでいたのですがその合間を縫って1冊の書籍を完読しました。
ダニエル・ピンク著
ハイコンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
富を約束する「6つの感性」の磨き方

ダニエル・ピンクはゴア副大統領の首席スピーチライターを務め、世界各国の企業、組織、大学を対象に講義やTV出演をし、ワシントンポストやニューヨークタイムズ等著名経済紙にも勢力的に寄稿。近著の大前研一氏訳の「モチベーション3.0 持続するやる気をいかに引き出すか」は全米大ベストセラーになったことで有名で。
時代を先取りしたビジネスや個人の活き方、社会の到来を予測した著作は共感するところが多く、常にウォッチしてきました。
                ダニエル・ピンク.JPG
少し自慢すると。
彼が世に提唱する考え方やビジネスモデルを読んでから取り入れてきたというより、その前から取り組んできたことが彼の著書で再認識でき、進むべき方向性に自信を持ててきたことです。
例えば。
2002年、ホロスプランニングを立ち上げて間もなく。
フリーエージェント社会の到来「雇われない生き方」は何を変えるか

を読みました。
当時米国ではすでに3300万人いるといわれ、彼らの働く価値観は「自由」「自分さらしさ」「責任」「自分なりの成功」だと。
まさに我が意を得たり、購買代理をコンセプトとするプランナーの価値観そのものだと確認しました。
そしてモチベーション3.0では、時代遅れの成果主義をver.2.0と表現。信賞必罰に基づく与えられた動機付けは早晩機能不全に陥ると喝破し、これからはモチベーション3.0、自らの内面から湧き出るやる気(DRIVE)をどう引き出すかが大事だということで。
そのポイントを「自律(自分で決める)」「熟達(価値あることを上達さす)」「目的(社会的使命感を持つ)」の三つであると。
当社の経営ビジョンの中の組織とヒトの在り方は、
『個々の価値観を認め合い、全員が「経営者思考」で行動できる自律型社員を養成しながら成長し続ける企業』とし。
極力指示命令をせず、問いかけるコミュニケーションを大事にマネジメントしてきました。
そしてこのハイコンセプト(新しいことを考え出す人)の時代ですが。
今まで左脳型の弁護士や医師、MBAホルダーが持てはやされてきた時代は終焉を向かえ、これからは右脳型の時代に移行していくと。
その新しい時代を動かしていく力は、これまでとは違った新しい思考やアプローチであり、そこで重要になるのが「ハイ・コンセプト」と「ハイ・タッチ」であると。
前者はパターンやチャンスを見出す能力、芸術的で感情面に訴える美を生み出す能力、人を納得させる話のできる能力、一見バラバラな概念を組合わせて何か新しい構想や概念を生み出す能力で。
後者は、他人と共感する能力、人間関係の機微を感じ取る能力、自らに喜びを見出し、また他の人々が喜びを見つける手助けをする能力、そしてごく日常的な出来事についてもその目的や意義を追及する能力などなんだと。
更にこれから求められる六つの感性(センス)とは。
1.機能ではなく「デザイン」
2.議論よりは「物語」
3.個別よりも「全体の調和」
4.論理ではなく「共感」
5.まじめだけでなく「遊び心」
6.モノよりも「生きがい」

であると。
至るところに当社の目指す「全体的」「統合的」に考えるホリスティックというメッセージや笑いの有用性、相手に関心を持ち共感できる人や組織の重要性が説かれていました。
もちろん当社が成長できる保証などないですが。
目指す方向性、在り方ややり方は間違っていないのではと確信できました。
長くなりましたが。
富を得たい人も一読の書籍です。
                51TZTXXS1WL._SS500_.jpg
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%83%88%E3%80%8C%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%8D%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E5%87%BA%E3%81%99%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3-%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF/dp/product-description/4837956661/ref=dp_proddesc_0/376-8651523-2911422?ie=UTF8&n=465392&s=books
      いつまで経っても富だけは得られない空回り社長に叱責のクリックを↓
                人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む