グルメinハワイ

9月17日
アクティビティ編、カルチャー編ときたハワイ特集もいよいよ最後のグルメ編となりました。
グルメ編と申しましてもワタスの場合、肩肘張った高級料理店とは縁が無く今回もB級グルメかつちょっと知ってたら鼻が1cm程度高くなるミーハースポットを紹介したいと思います。
まずホノルルに到着したのが木曜だったので。
毎週木曜限定しかも一日25杯のみというロコ御用達のオックステールスープ。
               テールスープ.JPG
アラモアナのニーマンマーカスにあるマーメイドバー。
良く煮込まれたオックステールに青梗菜がたっぷり入ったスープにライスが2スクープ、薬味にパクチ、生姜、からし、醤油がたっぷりついててお腹一杯になります。
もちろん味も最高でした。
限定ついでに土曜日はカピオラニ・コミュニティ・カレッジ(KCC)のサタディ・ファーマーズマーケット。
いわゆる朝市、バザールです。現地の新鮮な魚貝や野菜などを地元の業者?たちがテントで販売されてます。
ちょっと話はそれますがネットビジネスの世界では「伽藍からバザールへ」という流れがあります。伽藍とは選ばれた参加者のみが創造を行い、創造の過程は基本シークレットで行われます。それに対してバザールとは参加者を限定せず、しかも参加者の独自性を尊重し開発の初段階からすべてを公開しながら進めていく方式をいいます。典型的な事例がLinuxですね。つまりオープンな場を提供し、自由に参加させ、個々の「知」と「知」を結集させながらより早くより優れたシステムを創造していくということ。従来方式の伽藍が「欲」とか「自我」という価値観ならバザールは「楽」とか「快」という価値観でしょう。この価値観を大事にする優秀な者たちにどう刺激を与え、集う環境をどう創造するかというところが肝ではないでしょうか。
実は当社もこのバザール的組織を目指していて、来月に京都本社にオープンするライフプランニングスペース「LAC-座」もそのコンセプトで創るイベントスペースです(乞うご期待手(パー)

7時半に鳴る鐘の合図とともに始まるKCC。
土曜日はちょっと早起きしてダイアモンドヘッドの麓にあるこの会場まで行くのなら、お昼を抜く覚悟で行ったほうが良いでしょう。どれもこれも目移りしてどれもこれも美味しいのでお腹一杯になりますよ。
       KCC.JPGKCC4.JPGkcc3.JPG
1日くらい豪勢にディナーに行こうということなら(といっても一人5000円くらい)キリンレストランがお勧めです。
ハワイ屈指の海鮮中華レストラン。できれば4人以上がたくさん注文できて良いでしょう。特にお勧めはダンジェネスクラブのブラックビーンズソース和えなのですが季節的に無かったのでロブスターのブラックビーンズ和えを注文しました。お米がパラパラのチャーハンにこのソースをかけて食べるとこれがまた絶品の美味しさです。
               キリンレストラン.JPG
あと参考までに。
クアアイナ(日本にも結構できちゃいました)のハンバーガー。
                 ハンバーガー.JPG
ベトナム料理バックナムの蟹カレー。濃厚でこれでもかというほど蟹が入っています。
             蟹カレー.JPG
                
ということでやはりハワイは最高でした。
エネルギーも充填できたので年末まで仕事モード全開で快走したいと思いますパンチ
  カンブリア宮殿に続いてTV出演が決まった乗ってるお調子者社長に応援のクリックを↓
              人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む