カルチャーinハワイ

9月15日
昨日アップしたワタシがサーフィンしている写真が偽造ではないかという噂が噴出しておりますがあれは天地神明に誓って本物ですのであえてここはムキになって動画までアップして真実を証明しようではありませんか。けど実は動画だと結構迫力が無くむしろショボイのがバレてしまいますけどまぁ真実なんでしょうがないですね。
                 P9090117.MP4
で、本来今回はカルチャー編ではありますが切だしはアクティビティの続きから入りたいと思います。
昨日のブログで。
「ビジネスでも波(変化の予兆)が来るのを観ながらタイミングを推し量り、ここぞというところで一気に漕いでさっと乗ることって大事ですよね。一旦乗ってしまったらあとはスムーズに波が身体を(会社を)前に前に運んでくれます。
でもわずかに乗り遅れてしまうと立てないどころか波にのまれてヘタしたら溺れて死んでしまいます(倒産)。」

なんて偉そうにほざきましたが大事なことを言うのを忘れていました。それは、
いつ波がきても乗れるように自分自身を鍛えて(身体も心も頭脳も研鑽)おかないといけないということ。
それをしていなければどんな波(チャンス)が来ても乗りこなせませんよね。
それともう一つ。
一つ乗れなくてもあきらめないこと。
更にもう一つ。
失敗して波に揉まれて溺れそうになって死にそうになっても這い上がり、ボードに乗ってまた波に挑む勇気を持ち続けること。
改めて今回のサーフィンから教わりました。
で、本題のカルチャー編ですが。
海外に出ることで愉しみにしていることがあります。それは読書と機内の映画鑑賞です。
日常の読書はほとんどがビジネス書でたまにスピリチュアル系というところが多いのですが、こんな時は敢えて小説を読むようにしています。
ちょっと重かったんですが今回は迷わず文壇が評価(直木賞受賞)した「下町ロケット」にしました。
                  下町ロケット.JPG
面白くて一気に読了したのですが、主人公の佃氏は元ロケットサイエンティストで現在は親の跡を継ぎ町工場の経営者。
もちろんワタスは科学者ではありませんが、同じ中小企業の経営者としての苦悩や夢が現在の私とオーバーラップし、後半は涙が止まりませんでした。
経営者としてのこだわりや夢の追求と社員の待遇や将来の安定との狭間で苦しむ佃社長。
「俺はな、仕事っていうのは、二階建ての家みたいなもんだと思う。一階部分は飯を食うためだ。必要な金を稼ぎ、生活していくために働く。だけどそれだけじゃあ窮屈だ。だから仕事には夢がなきゃならないと思う。それが二階部分だ。夢だけ追っかけても飯は食っていけないし、飯だけ食えても夢がなきゃつまらない。お前だって、ウチの会社でこうしてやろうとか、そんな夢あったはずだ。それはどこに行っちまったんだ」
最後は無事ロケット打ち上げに成功するのですが、私自身思ったことは経営者の夢の追求が一段ロケット、二段ロケットと切り離し、最後の三段ロケットが自分ではいけないということ。
要するに自分だけが宇宙(夢や目標)に飛び立つために一段ロケット(社員?)や二段ロケット(幹部?)を犠牲にするのはダメなんじゃないかと。
もちろんロケットを飛ばすには飛行士だけでなくたくさんの裏方がそれぞれのミッションを背負って存在し、それぞれが納得して責任を果たすことでロケットが飛び、結果その喜びを共有するわけですけどね。
ま、全員が全員の夢や価値観を理解したうえで経営者の夢にも共感してもらったうえでロケットを飛ばさなきゃ意味無いなと思ったわけでございます。
それにしても小説家って凄いですね。紙と鉛筆だけで(今はパソコンだけかも)で何百万とか何億の人を感動させ、人生に影響させちゃうんですから。いつかワタシも小説の執筆にチャレンジしたいなと本気で思いました。
映画は三本(プリンセストヨトミ。岳。わけわからん洋画)観ました。
中でも岳は感動しました。「山で捨ててはいけないものは?」「ゴミと命。」命(live)の大切さを自然(山)の厳しさとヒトとの繋がりの中で中々見事に表現されていました。興味ある人はL-clubでe-人生診断したり個別相談したりしてTポイントをゲットしてすぐにTSUTAYAでレンタルしてください(笑)→http://l-club.jp/
これまた単純なワタスは俳優や映画監督に感銘し、やってみたいと思っちまうんですよね~(ホント困ったもんです・・)
以上全くハワイとは関係ないカルチャーに終始しましたが、最後に一つだけ。
オアフ島最古のスピリチュアルスポットなるものに行ってきました。
偶然レンタバイク店の店主が「実は・・」と教えてくれてその近くだったので足を運んだのですが。
何やら説が二通りあって、一つは農作物の豊作を祈念した場所という説と王家が出産の場として使った聖なる場という説。
行ってみると確かにその周りの気配というか空気が違う(気のせいでなければ・・)
静けさとエネルギーがその空間には充満しているようで元気をいただきましたグッド(上向き矢印)
               スピリチュアルスポット.JPG
            これがわかるヒトはかなり妖しい系です
カイラニにある「ULUPO HEIAU」というスポットですのでご興味ある方は是非一度行かれてみてはいかがでしょうか?
以上でカルチャー編を終え、最後は単なるミーハーグルメ編に続く手(パー)
 実は一番目指しているのはヒーラーという噂のいかがわしさ満点社長に惜別のクリックを↓
             人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む