総会とは行動へのトリガーである

8月6日
昨日は半期に一度の社員総会でした。
創業からずっと当社プランナーをゲストと捉えたオーナーズカンファレンスは継続して開催してきたのですが、3年前からスタッフ増大に合わせスタッフ系社員を中心としたイベント兼研修兼会議を開催しています。
特に今月は期首に当たるので前年度の振返りや今期方針を発表する大事な機会です。
全国から50名を超えるスタッフが新大阪に集結。
どうせするなら当社らしく、ユーモアビズに沿いながらも単なる報告会じゃなく個々やチームが主体的に考え行動に繋げていける有意義な会にしよう、と今回もプロジェクトメンバーが入念な準備をしてくれました。
この時点、つまり企画と準備の段階でメンバーが経営陣の意図を汲みながら考えたプログラムをプレゼンしてくれるのですが。
自画自賛で恐縮ですが、ワタシの意思を受け継いだメンバーたちのイベント企画力、大手企業向けに研修プログラムを開発してきたノウハウに基づいて組み立てるイベント設計力はかなり高いと自負できます。
半年間のニューカマー10名の紹介から始まり。
前期振り返り。
アンジェラアキオプロデュース・・半年前の総会で書いた手紙「拝啓半年後の自分へ」の開封とフィードバック。
前期アワードの表彰式。
            社員総会11.8.5アワード.jpg
ご当地お土産フェスタと称したエリア別プレゼンテーションコンテスト。
       RIMG0218.jpg
社長による(ワタス)来期方針発表。
その発表を受けての感想、意見、質問、提案のグループディスカッション。
そのグループ発表に対してワタシとの質疑応答。
渾身の懇親会。

終始スタッフ全員に活気と一体感があり、とても幸先の良いスタートが切れました。
大きな会議の目的は。
トップが言いたいことややらせたいことを一方通行にまくしたてる義務感満載の形式的なものではなく。
その企業のカルチャーを創ることと。
運を引き寄せる笑いのエネルギーを随所に散りばめながら、会社の進もうとする方向と個々の自己実現欲求を擦りあわせ、ビジョンを示して「時間」という貴重な資産をこの会社に投資する価値があると思ってもらうこと。
そして会議を会議の場だけで終わらすこと無く、行動に繋げるトリガー(引き金)にしなければ意味はありません。
今期のメインテーマは「SUPER傍楽きMAX!」(前期にSUPERつけただけやんちっ(怒った顔)

サブテーマは「フロンティアスピリッツ・ラポール・仕組化そして運力」
               super傍楽MAX.jpg
懇親会ではサプライズで10周年記念を兼ねたバースデーケーキをいただいて。
           RIMG0268.jpgRIMG0275.jpg
SUPERご機嫌さんの社員総会だったのでしたるんるん
                 社員総会11.8.5集合.jpg
   来年はウルトラを付けようと密かに狙ってる安直社長にお仕置きのクリックを↓
                 人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む