「9割の会社は社長で決まる」を読んでホントに決まるか考える

7月3日
昨日はサンダーバードに乗って日帰りで富山まで某金融機関様へ研修に行ってお土産に上等の鱒寿司(まつ川)をいただきこれは週明けに会社に持って帰っても賞味期限が過ぎるので断腸の思いで家に持って帰って美味しくいただき感激しながらもちょっと罪の意識を感じているスッキリ散髪帰り@堀井ですこんにちわ(ここまでは一気読みで手(パー)
先週の日曜日に買った本の読み残しを今日は完読しました。
                書籍優しい会社.JPG
そのうちの一冊が船井総研会長の著書「9割の会社は社長で決まる」パンチ
さすがトップコンサルタントとして多くの経営者指導を行い、かつ自身も上場企業の経営者でもある著者、ワタスも社長の端くれとして実践してて共感できることもあり(チョットだけですが)、またできてないことで頭が痛い指摘や「うちも即取り掛からないと」と思えることもたくさん有り大変参考になりました。
冒頭、30歳で子供が生まれてその子供が3歳になったとき親としてはまだ3歳でしかない、社長になって3年経ったとしたらまだ3歳の幼児でしかない、というプロローグから始まります。
ワタシは社長になって10年ですから小学校4年生のレベルということで、まだハナタレ小僧という認識に立ちました。
内容の一部のみ抜粋しますと・・

「おい、あの資料を持ってこい」と言う社長は会社を滅ぼす→横柄な態度を取ると部下は「この社長のもとでがんばろう」と決して思わない。
ツイテいる状態は、「前始末」がしっかりしているときに発生することが多い→運を引き寄せる意味でも社長業をうまく進める意味でも前始末が重要。
社長は人を育てるのではなく、人が育つ環境をつくりなさい→社長の仕事は、優秀な人材が気持ちよく仕事ができる環境をつくること。強烈なリーダーシップを発揮するのではなくスーパーサポーターであるべき。スーパーサポーターの視点に立てば「あの社員は私が育てた」と自慢げに語る経営者の姿は違和感がある。
こんな感じ。
で、読み終わった後で「当社もご多分にもれず9割の中の会社なのか1割の会社、すなわち社長で決まらない会社なんだろうか」とまず思いを馳せてみたわけです。
世の中の経営者はこのタイトルを見てどう感じるのでしょうか?
「その通り、間違いなくこの会社は俺でもってる」と感じて悦に入る社長が多いのではないかと思うのです(悦に入りながらも身を引き締めるという方ももちろんいるでしょうが)

で、ワタシの場合は生来の天の邪鬼ですから。
「じゃあ当社は残り1割の会社、即ち社長で決まらない会社にしてやろうではないかちっ(怒った顔)」と思うのです・・
もちろん社長は全ての責任を負う覚悟とか会社に全身全霊を捧げる意思と行動は必要です。
でも企業が存続すればいつか創業社長はいなくなるわけですから。
その後誰に社長を任せようと「うちは社長で決まらない会社にしよう」と思って経営していくほうが、そんな仕組み創りや社員レベルを上げていこうと考えて経営にあたるほうがを結果その会社は成長するのではないかと思った訳です。
え?当社は既にワタスという社長は必要無いって?
それはそれでチョットさびしいかも・・もうやだ〜(悲しい顔)
 小学4年でオネショをしてても社長になれることを実証したワタスに拍手のクリックを↓
              人気ブログランキングへ      

カテゴリー:日記のブログをもっと読む