さぁツアーが始まる

5月10日
いよいよ恒例の社内イベント「HOLOSエリアカンファレンス」が始まりますイベント
今年のテーマは「10thアニバーサリー~絆~」
明日は福岡で中四国九州沖縄エリア、明々後日は大阪で京阪和エリア。
そして来週は名古屋で東海北陸エリアと東京にて東日本エリア。
スタッフ、プランナー、保険関係各社合わせて4エリア総勢300名以上の参加となるでしょう。
創業以来、手造りで時間とコストをかけて企業文化醸成のためにずっと継続してきたこの投資。
投資効果を数値化するのも難しく、即効性があるわけでもない投資ではありましたが経営者の直感でいけばこのイベントを当初から継続していなければ当社は既に存在していないでしょう。
設立10周年に相応しい記念すべきカンファレンスに。
テーマ「絆」に相応しいイベントにしたいと思います。
そのためにもスタッフ一同絆MAXの全員一丸傍楽きMAXで臨もうではありませんかパンチ
皆さんよろしくね手(パー)
      ネタは仕込んだ。あとは笑い屋を雇うだけ・・なってくれる方は是非↓
               人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

経営の神様曰く

5月7日
経営の神様と言えば。
ピータードラッガーとかジャックウェルチとかをイメージするヒトも多いかと思いますが。
やはり日本では松下幸之助さんでしょう。
松下電器産業を一代で築き上げた日本屈指の名経営者、松下幸之助さんは数々の名言を残していらっしゃいますが。
流石そんじょそこらの経営者じゃないなと思う名言とかエピソードは。

「この世で根気ほど万能なものはない。才能は万能ではない。才能があっても思い通りの人生を送れない人は多くいる。学問も万能ではない。学歴があってもきちんとした仕事に就いていない人も多くいる。万事に通用するのは意志と根気である。」

と。
松下幸之助が松下政経塾を創った時、一期生の面接をすることになった。 私は松下に「何を基準に採用すればいいのですか」と問うた。すると松下は少し考えたあと、「運の強い人がいい。それに」と続けて「愛嬌のある人を採ってくれや」といった。これは「経営者にとって一番重要な素質は何か」という問いに対し、「リーダーシップ」や「先見性」とかでは無く「愛嬌」だったという話。
つまり経営者にとって何より大事なのは「根気」「愛嬌」だと。
「根気」とは決めたことを諦めずやり続けるということでしょう。
これは信念や使命感に基づいてどんなに辛くても継続していく意思力と行動力を持つか、その行為そのものが好きで好きで仕方無いので止められまへんという状態にするかどちらかですね。
私の場合かつては根気の無さでは天下一品と自負するくらいだったのですが歳と共に?少しは出てきたように思います。
例えばコラム「堀井計の午睡」http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_listは毎月更新で6年半くらいになりますし、このブログも今月で5年、1000日以上更新しています(これは愉しくて仕方無いわけじゃなく経営者という立場としての責任感ですけどね)
「愛嬌」とはにこやかで憎めない、ひょうきんで可愛らしいキャラというイメージでしょうか。
良く「男は度胸女は愛嬌」と言ってどちらかというと男に愛嬌はそぐわない気もしますが(昔はなおさら)それでも男女関わらず愛嬌が大事と言うあたりはいかにも神様らしいと思いませんか?
ワタス的には男のくせに限りなく度胸は無い方なのでまだ愛嬌の方に可能性を見出せます。
でも根気は行動で判断できるので客観性がありますが愛嬌って抽象的かつ主観的(人がどう判断するか)概念なので判断が難しいですね。
しいて言えば人から好感を持たれる表情やしぐさ、言葉づかいができるヒトかと思うのですがあまりわざとらしいと嫌味になるので微妙です。
スキル(技術)として身に着けられないわけでは無いとも思いますがまずはヒト好きになることなのでしょう。
でも経営の神様は例えビジネスでもヒトは感情(好き嫌い)で動く生き物なので好かれる人間でないと成功できないことを直感的かつ経験的に把握されていたということですね。
意思と根気。
運と愛嬌。
これからも根気よくギャグのネタを仕込んで愛嬌を磨いていきたいと思います(←完全な勘違いあせあせ(飛び散る汗)
もとい、神様の教えを肝に命じて経営者人生を全うしようと思いますパンチ
    根気よく加圧トレを続けてる割には効果に乏しい非力社長に叱責のクリックを↓
             人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

文化的趣味候補NO1

5月4日
GWも早や後半戦に突入しましたが皆さまにおかれましては充実した日々をお過ごしのことと存じます。
ワタスは相変わらずピコピコとパソコンに向かいながら来週からスタートするオーナーズカンファレンスの資料作りに勤しんではいるものの、日頃は互いに忙しくて中々会う機会がない友人と食事をしたり人知れず?ゴルフに行ったりと結構充実した休日を過ごしています。
今日は大阪の高槻市でJAZZストリートと言って街中ジャズライブのイベントをやっているという情報を入手したのでブラリと行ってきました。
(特段JAZZ通というほどでは無いのですが結構好きなんです)

実は年初の目標に、1.身体を鍛える、2.10年ぶりにスキーを始める、3.へたっぴなゴルフを上手くなる、4.文化的趣味を始めるといったプライベートでの目標を四つ掲げました(仕事の目標は別に有り)
1.は加圧トレを週一で継続中、2.も会社にスキー部を発足して達成したのですが3.ゴルフは100切るのは程遠いもののちょこっとは上達したような気が・・で、4.の文化的趣味が未だ決まらず今年も三分の一が経過してしまっているもんですから少々焦りを感じていたのでありんす(JIN-仁-花魁野風調で・・)

で、高槻の街の至る所でLIVEをやっていたのですがその中でたまたま入ったJAZZバーで演奏していた妙齢のバンドがめちゃくちゃ格好良かったんでありんす(しつこい)
なのでここで一気に文化的趣味筆頭候補NO1にサックスを習うというのがきたんでありんす(しばくぞ)
ただ音楽は去年ピアノを頓挫している苦い経験がありますのでまだ断言するのはやめときます
けどね・・
それでは皆さまGW後半戦も有意義にお過ごしくださいでありんす~(絶対しばくちっ(怒った顔)

               
                    時間にゆとりのある方はどうぞ
            しばかれてもクリックしてみんしてたもれ~↓
                 人気ブログランキングへ
...

つづきを読む

本物のFPはお客さまの人生そのものを引き受ける(堀井計の午睡より)

5月2日
            人気ブログランキングへ
             鯉のようにグングン昇りたいヒトはまず↑
五月。東北大震災から約50日が経過しました。
よく人生には三つの坂があるといいます。
「上り坂」「下り坂」そして「まさか」。今回の大震災はまさにその「まさか」。
それも日本全土を揺るがす未曽有の「まさか」となりました。
50年以上生きてきますと、ワタシなりの三つの坂を体験してきましたし、皆様も個々の人生を振り返るとそれぞれの坂をそれなりに体験されてきたことでしょう。
私たちはその決して起こって欲しくない人生の「まさか」の事態、「まさか」の金銭的リスクを回避するために「保険」という商品を扱ってきました。
そして今回の「まさか」で私たちが改めて加入時のお客さまへのライフプランニングに本気で臨むこと、お客さまの人生そのものを引き受ける覚悟で臨む必要性を再認識した次第です。
お客さまのニーズが顕在化し、自ら相談に足を運んでいただける時代だからこそ決して忘れてはいけない私たちの「掟」としなければいけませんパンチ
今から20年前、私はその保険業界に足を踏み入れました。入社当時、仕事に対する使命感は・・・
続きは→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2011&menu_month=05&exptitlename=2011-05
...

つづきを読む