本物のFPはお客さまの人生そのものを引き受ける(堀井計の午睡より)

5月2日
            人気ブログランキングへ
             鯉のようにグングン昇りたいヒトはまず↑
五月。東北大震災から約50日が経過しました。
よく人生には三つの坂があるといいます。
「上り坂」「下り坂」そして「まさか」。今回の大震災はまさにその「まさか」。
それも日本全土を揺るがす未曽有の「まさか」となりました。
50年以上生きてきますと、ワタシなりの三つの坂を体験してきましたし、皆様も個々の人生を振り返るとそれぞれの坂をそれなりに体験されてきたことでしょう。
私たちはその決して起こって欲しくない人生の「まさか」の事態、「まさか」の金銭的リスクを回避するために「保険」という商品を扱ってきました。
そして今回の「まさか」で私たちが改めて加入時のお客さまへのライフプランニングに本気で臨むこと、お客さまの人生そのものを引き受ける覚悟で臨む必要性を再認識した次第です。
お客さまのニーズが顕在化し、自ら相談に足を運んでいただける時代だからこそ決して忘れてはいけない私たちの「掟」としなければいけませんパンチ
今から20年前、私はその保険業界に足を踏み入れました。入社当時、仕事に対する使命感は・・・
続きは→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2011&menu_month=05&exptitlename=2011-05

カテゴリー:日記のブログをもっと読む