移動時間の活用方法

9月10日
先週今週の二週間は休日返上で京都東京間を4往復し、その間に博多にも行って帰って所謂かつて関西で一世を風靡した吉本新喜劇の大御所谷しげる師匠のギャグ「あ、いそがし、あ、いそがし」状態の新幹線車内@堀井ですこんばんわ。(わかわからんヒトもここまでは一気読みで手(パー)
もう孫がいてもおかしくないくらいのかなりの年齢なので体力的にはそれなりにきついものがあるはずなのですが以外と大丈夫なのは精神的に疲弊していないからだと思う今日この頃。
なぜ疲弊していないかといえば最近あまり後ろ向きの仕事に翻弄されることがないからかと推測されます。
恐らく一般的に経営者が最も疲弊するのが資金繰りでしょう。
私の周りの社長さんたちもこのご時勢ですから本来の社長業をする余裕など毛頭なく、自転車操業に明け暮れて競輪選手に成れたのではと思うくらいハイスピードでクルクルペダルをこぐ社長さんたちの多いこと。
当社もかつて、このままではヤバイと思って手当てした時期もあったのですが。
最近はその悩みもなくなり、さらに幹部連中の層も厚くなり、どんどん成長してきてくれていますので精神的負担が徐々に減っているからだと思います。
そろそろ重役出勤して週に3回くらいゴルフして夜にはオネーチャン同伴で祇園に繰り出してもいいかもしれませんドコモポイント
(実際には歳のせいで遅くまで寝られないし、ゴルフは下手すぎて誰も一緒に行ってくれないし、酒はほとんど飲めませんもうやだ〜(悲しい顔)
で、一つ気になるのは。
移動時間の使い方パンチ
移動には移動コストという現ナマと時給換算の人件費がかかります。
これが長ければ長いほど有効的に使わないと恐ろしいくらいコストの垂れ流しになります。
皆さんはどんな時間の使い方をされてますか?
まず移動コストですが、これは半分くらいは研修主催会社様に負担していただいてるので良しとして(もちろん実費精算しております)
問題は時給換算のコスト。
移動中はひたすら寝る、読書やDVDを見て過ごす、事務処理をする、隣の人捉まえておしゃべりをする(これはかなり勇気がいるたらーっ(汗)てとこですか。
ワタシの場合は電話は繋がりにくいし、ネットさえ繋がれば会社でデスクワークしてるのと変わらないというか、かえって雑音なくて集中できるので考えを整理したり企画を練る時間にあてるようにしています。
あのR.コヴィー博士の7つの習慣の中の「第3の習慣」でいう。
第2領域、即ち「緊急ではないが重要なこと」に取り組むということです。
もちろん第1領域の「緊急かつ重要なこと」ができてなければやるしかないのですが、以外と日々の業務って第3領域の「差ほど重要ではないのに緊急なこと」に時間を割いてしまっています。
本来の社長業ができていないカタガタは。
出張コストをケチらずに無理やりでも用事作って電車に乗って。
隔離された空間で、重要事項を整理したり戦略を練ったりする時間を創ってみるのも良いかもしれませんよ~。(その方が業績が上がるかも)
ワタシはちょっと入れすぎなので、「社長また訳わからんプラン言い出しよったちっ(怒った顔)」ってウザかられないように気をつけよう・・
        クルマの中で鼻毛を抜く習慣のある社長にお仕置きのクリックを↓
                  人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む