京都の老舗とは

6月23日
当社を担当いただいていた某保険会社の部長さんが移動されることになり。
本日ランチ送別会を行いましたレストラン
もう6~7年前、当社が今の半分以下の規模のときから着目いただき目
通常はエリアの支店が担当いただくのですが、更に戦略代理店に限り本部管轄のサポートもしていただいておりました。
その席上で感慨深く。

「今となっては、全国展開で訪問型組織を運営し、成長している代理店ではHOLOSさんは最古参。老舗になりましたねぇ。」
と。
確かに乱立していた同様の組織は様々な理由から合併や吸収、もしくは破綻し原型をとどめておらず、当社が最も古い代理店となりました。
今業界は来店型ショップの台頭やネット生保の誕生などニューチャネルの成長が注目されていますが。
当社のような組織が世の中には必要で、これからも永くお客様に支持されてながら経営としても着実に成長していくことを実績で証明していきたいと。
それこそが伝統を守りながら革新していくという一見相反する考え方を融合させて発展してきた京都の街に本社を置く当社の使命でもあると思った次第です。
京都では100年続く企業はまだまだ新参者で(明治創業)
300年続く企業となって初めて世間から評価されるところがあるので(江戸時代)
24世紀に存在していればそこで初めて老舗としての誇りを持ちたいと思います手(パー)(もちろんワタシは違うヒトに生まれ変わっているでしょう)
N部長、今まで当社の成長を影で支えていただき本当にありがとうございましたもうやだ〜(悲しい顔)
      明日は寝不足確実の社長に愛のクリックを↓
             人気ブログランキングへ             

カテゴリー:日記のブログをもっと読む