嫉妬を超えた大型新人参画

5月25日
ワタシより保険業界のキャリアが長く。
保険代理店経営者としての実績も充分に有り。
歳は10歳も若くて見るからに爽やかで。
男前で背も高く。
おまけにゴルフはシングルときたら。
「コンニャロ~チクショウ、ちょっと俺より格好良いからといっていい気になりやがってどうせ俺はチビで顔はタイ人でゴルフなんか生まれて100きったことないしエー歳こいて脱糞だってしたことあるぞクソ~もうやだ〜(悲しい顔)
って嫉妬しても不思議ではありませんが。
ここまで差をつけられたらそんな気すら起こらず。
(一月前に入社されたギャグ滑りまくり弾丸講師Iさんもある意味嫉妬はしませんが・・)
彼の代表という地位や収入を捨ててまで当社に参画してくれた勇気に敬意を表したいと思います手(パー)
彼の名は「熊谷久志(くまがいひさし)」
              [1].jpg
損害保険のプロフェッショナルとして彼が今まで一人では成し得なかった夢と当社のビジョンが共振し雷
損保コレクトセンターのセンター長として参画してくれました。
それにしても。
ここ最近FP・保険業界のタレントプロダクションを標榜する当社には優秀なプランナーとは別にスタッフとしてマネジメントサイドに参画してくれる優秀な人財が集まりだした。
これからも。
優秀なヒトが魅力に感じて来てくれる組織を創ることと。
縁有って来てくれたヒトを優秀なヒトに育てられる組織を創ることが課題です。
そのためには。
何がなくても江戸むらさきではなくまず経営者が優秀でなければなりません。(・・・)
特に。
「マインド」「スキル」「ナレッジ」も大事ですが。
そこは組織でもっと優秀なヒトが存在しても(既に何人も存在します)
やはり「人間力」だけは組織でトップになっておかないとシャレになりません。
もしそこも誰かに追い越されようなら。
潔く脱毛し。
もとい潔く脱帽し。
ワタシは永遠の旅人として流浪の旅に出ようと思います(←意味不明あせあせ(飛び散る汗)
無論人生に完成など有り得ず(っていうかそう思った瞬間に成長が止まる)

永遠に発展途上であるわけですが。
それを自ら認めたうえでいかにその自分をも肯定し。
その上であくまで自分にベクトルを向けながら自分の課した宿題を解き、解けた喜びを周りのヒトタチとシェアしていくことが人生なんだなぁ(←再意味不明あせあせ(飛び散る汗)
         惨めな社長に愛のクリックを↓
          人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む