謙虚と傲慢の真実

5月20日
例えば会社から抜擢人事を受けたときとか。
とても今の自分の力量ではこなせないような業務や役どころを託された時に。
「こんな大役、とても私ではお役目は果たせません。もっと実力をつけてからお引き受けさせていただきます。」
というヒトを一般的には「謙虚なヒト」と思いがちですが。
実はこんなヒトを「傲慢なヒト」と言います。
それは。
「このヒトならきっとやってくれるに違いない」という想いがあればこそ託されたにもかかわらずその想いを言い方はどうあれ裏切るからです。(結果応援のエネルギーを断ち切るので運気が下がりますバッド(下向き矢印)

真に謙虚なヒトは。
「ワタシなんかに務まるかはわかりませんが精一杯やらせていただきます。貴重な成長機会を与えていただいて有難うございます。」

と答えます。
「運命」とはヒトから運ばれてきて「頼まれごと」を愚痴や泣き言文句を言わずに喜んで引き受けていくことで天命に導かれていくということですグッド(上向き矢印)(by小林正観)
実は本日。
第4回保険代理店協議会総会が開催され。
前年度に引き続きワタシが理事長に就任することに相成りました。
まがりなりにもこの組織。
今の保険業界をリードする超大型代理店のほとんどとが加盟する団体で。
流通の川下から、顧客に最も近い我々から業界を変革していこうとする
ミッション(使命観)とパッション(情熱)と卓越した行動力と適度なインテリジェンスと単なる強運と異常なスケベ心を兼ね備えた経営者たちの集まりです(想像するだけで怖いでしょたらーっ(汗)
そんなカタガタからの推挙を得て。
傲慢野郎になる根性など更々なく。
謙虚に謙虚にお引き受けさせていただくことにしました。
もちろんやるからには。
保険業界発展のため募集人の地位向上のためお客様への更なる満足向上のために。
社長業を差し置いてでも(これはウソ)
精一杯傍楽(はたら)かせていただいて。
行動や結果で評価を得て初めて真の謙虚な男と言えましょうちっ(怒った顔)
大変化の渦中の保険業界。
来年の今頃、次の総会のときには今とは想像もつかないくらい業界が様変わりしているかもしれませんがく〜(落胆した顔)
取敢えず。
ワタシより謙虚なヒトを今から見つけておくことにしよう手(パー)
(前途不安・・・)
              103001116.jpg
           謙虚に謙虚にクリックを↓
             

カテゴリー:日記のブログをもっと読む