春蝶再来

8月30日
本日上方落語界に「桂春蝶」が復活。
襲名披露公演に大阪は難波の松竹座まで行ってきました。
         P1030837.JPG
公演前の楽屋は大賑わいあせあせ(飛び散る汗)
               P1030840.JPG
それにしてもゲストの鶴瓶師匠や小朝師匠。
一流の噺家の話芸はスゴイがく〜(落胆した顔)
言葉と身振り手振りで噺の情景がリアルに浮かび上がり。
1,000人程の会場が笑いの渦に包まれる。
(もちろん春蝶クンのトリの晴舞台も大うけでした決定

まさに「芸を磨く」とはよく言ったものですが。
芸の世界に限らず。
保険業界も研修業界も。
どんな業界でも名人達人級のヒトタチは。
日々の練習や前始末(事前準備)での「芸磨き」は欠かさないパンチ
それは一流と言われるまでにも欠かさなかったはずですが。
一流と言われてからでも欠かしていないはずで。
その日々の積み重ねの賜物と。
さらに回りへの感謝の念とがシンクロし。
見えないナニモノかが応援のエネルギーを与えてくれて。
成幸への上りエスカレーターを一気に駆け上がっていくのですグッド(上向き矢印)
「オレはもう一流だちっ(怒った顔)」と思ってるヒトに。
本当の一流はいないんだなぁバッド(下向き矢印)
               人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む