潜入文化祭

9月27日
甥っ子が高校の文化祭で。
劇の主役に抜擢されたらしく。
見学に行きました。(叔父バカ)
舞台で演じる学生たちの姿に目
私も上がりたくなりました(変?)
小学生のコロや高校のトキも学芸会の主役やったり。
何の会かは忘れましたが、素人名人会や万国びっくりショー、西条凡児の親父バンザイ(はい、おみやげおみやげ)など当時の人気番組をパロディって企画から司会までやってたことを思い出しました。
舞台に立つヒト、演出するヒト、裏方でセットするヒト、いろんなヒトが関わって一つの作品が出来上がる。
感慨深くクラスごとの劇を観ていると。
ウチの会社もそろそろイベントができる人数だなとひらめき
事業部対抗学芸会とか。(準備する時間ないかふらふら
東西対抗大運動会とか。(平均年齢高いのでケガ人続出バッド(下向き矢印)
HOLOS内M1(漫才)選手権・・(親父ギャグの連発でドコモポイント
シゴトモードだと。
パワーポイント企画書大会。
(企画原案をテーマとして与え、いかに訴求力のある企画書を作成するか)
ロープレ選手権。
(初回面談のシーンを設定し、第一印象からいかに好感と信頼を印象付け次回面談につなげるか)
ナンバー1講師競技会。
(同じ講義内容を同じ受講生が受講し、誰が最も評価が高いかをアンケートポイントで競う。一応笑いの数もポイントに加えよう)
学生の本分が勉強なら、企業の本分は業績パンチ
でも学生時代は勉強以外のコミュニケーション活動が人間形成に役立つように。
社会に出ても業績に直結しないイベントから技術を学び、組織力を強くすることができる。
愉しみながら。
学び。
業績を上げ続ける。

両立するには俗人的能力に頼らない仕組創りが急務ちっ(怒った顔)
ミンナで早く文化祭ができる会社にしようるんるん
              P1020534.JPG

カテゴリー:日記のブログをもっと読む