染みる言葉

9月14日
「力でヒトは動かさねえもんです。」
「心で動かすもんですよ。」

出張から帰って。(今週は東京を三往復・・)
何気にテレビをつけたら目
篤姫やってて。(たまにしか観ないんですが)
ホワイト家族の犬のお父さんが犬(の声の北大路欣也さんが)
勝麟太郎役で。
『薩摩は強引なやり方で幕府の改革を迫った。そんなやり方は下の下ですパンチ
このコトバの後に、瑛太扮する小松帯刀に放った言葉。(文頭のコトバですよ)
染みました・・・
「薩摩」というコトバの代わりに、上司、経営者、先生、講師。
「幕府」というコトバの代わりに、部下、社員、生徒、組織、取引先などをいれると。
権力や理屈ではヒトの心は動かない。
看板をおろしても。
役職を離れても。
肩書きを無くしても。
何も変わらない付合いができる「活きかた」をしていこう。
勝麟太郎が本当に言ったかどうかはわかりませんが。
幕末に時代を変革した立役者たちは魅力的です。
やはりヒトを心の底から動く気にさせるのは「権力」じゃなく「魅力」ですね~ぴかぴか(新しい)&#63904

カテゴリー:日記のブログをもっと読む