身体はなんでも知っている

8月9日
土曜日。
珍しく仕事が入ってないんで。
ちょっとお医者さんに行きました。
なんか最近朝起きると首から肩が詰まってる感じで。
(大げさなやっちゃで・・)
お医者さんといっても。
そんじょそこらのお医者さんではありません。
堀田忠弘先生病院
                P1000202.jpg
西洋医学の限界を感じ。
東洋医学や怪しい?医学との融合を図り。
全国から難病治療に来るクライアントが後を絶ちません。
(今まで原因不明のアレルギーとか痛みとかはうちでも大体良くなります)
まずSMR(魂・筋応答反射)テストという特殊な方法で身体と潜在意識に聴いていきます耳
ワタシの場合。
「骨格の歪みとストレス」と診断されました。
首から肩にかけてウィルスがいるらしくふらふら
言いたいことを抑えすぎていて、そのストレスが身体に影響を与えているとも。
(結構ストレス耐性はあるほうなんですが、それでも無意識領域に蓄積されているんでしょうねぇ)
漢方を処方してもらいました。
堀田先生によると原因を自分が知るだけで治癒は早まるそうです手(チョキ)
院内に掛けてあった額に書いてある言葉目
             P1000200.JPG
「幸せとは。
     なるものでなく。
         今ここにあると。
            気づくもの。」

お陰さまでワタシは今シアワセでするんるん
(ちょっと肩痛いけど)

カテゴリー:日記のブログをもっと読む