ウィ~

8月29日
ウィ~ちっ(怒った顔)
といっても酔っ払っているのではなく。
任天堂の「Wii」。
業績は過去最高でなんと2兆円を突破するらしいがく〜(落胆した顔)
京都が誇る超優良企業パンチ
創業は明治22年。
始まりは花札の製造。
日本で初のトランプメーカースペード
120年前の創業者は今の姿を想像していたのでしょうか。
実はツィンズ2号宅にWiiがあり。
先日東京で初体験。
                 P1000227.jpg
因みにこのへっぴり腰は。
ワタシが得意中の得意のスキー・・スキー
痩せるほどの運動量ではないにせよ。
めっちゃはまりまするんるん
7年前保険屋から始まった当社も。
100年先にも存続し。
京都発信の超優良企業として存在していることでしょうぴかぴか(新しい)
因みにワタシは。
北京オリンピックで初の銅メダルを取った日本男子陸上の如く。
次世代へバトンを渡すリレーの1番走者ですな手(チョキ)
...

つづきを読む

TOKIOの休日

8月24日
日曜日曇り
ここ数年かなりの頻度で東京に行っているが。
土日もそれなりに過ごしているものの。
そのほとんどが仕事なので。
イワユルHOLIDAYに都内を歩いたことはほとんどなく。
今日は珍しく朝から東京にいることもあり。
都内を散策することに。
まずは銀ブラ(フルッ)
やはり銀座は年齢層が高いですな。
なんとホコテンになってます。(田舎モンで悪かったなちっ(怒った顔)
更になんといきなり芸能人を発見(ミーハーで悪かったなちっ(怒った顔)
               20080824125859.jpg           
持ってるカードの漢字が読めません(無知で悪かったなちっ(怒った顔)
渋谷に移動して昼食。
比べると格段に街が若い。
ボンクラツィンズお勧めの中華料理家さんに。
「梅蘭」の特性焼きそば(本店は横浜中華街http://www.bairan.jp/pc/)
実は一度食べてみたかったんです。
カリッと焼いた焼きそばの間に豚肉、モヤシ、タマネギなどのトロリとした、アツアツのあんかけがたっぷり。
                P1000225.jpg
普通はそばの上に載ってるあんかけの具を、敢えて中に押し込むという逆転の発想が凄いひらめき
味も「很好吃」(ヘンハオチー)アルヨるんるん
ビジネスでも料理でも「ONLY ONE」を持つことですね。
この日の夜、新幹線は大雨のため大混乱ふらふら
関西から向かう講師陣は私以外全員が3時間以上缶詰で。
野生的本能か偶然か、早く東京入りしたワタシのみ巻込まれず。
有名人も見れて、食べたかった焼きそばも食べられて、大混乱にも無事遭遇せずに。
とってもラッキーなTOKIOの一日でした手(チョキ)
...

つづきを読む

もし過保護オリンピックがあれば

8月23日
出張の用意をしていたら。
「出張用の小さい方のバッグ借りるで」
と、ぼんくらツィンズの母が。(要するに嫁さんです)
どうやら東京に行くらしく新幹線
双子が同じ会社で働きだして2年目で。(会社のお荷物なってんちゃうんか)
既に一人は結婚し。(ちゃんと仲良~やってんかい)
お盆にも帰ってこなかったということもあり。(年に一回くらい墓参りくらいせんかい)span>
せっせと準備していますちっ(怒った顔)
何気にカバンの中身を覗いて見てビックリがく〜(落胆した顔)

(さらに…)

プロフェッショナルへの道

8月21日
略称「LUTI」
正確には「Life Underwriter Training Institute」
日本語で「生命保険事業者教育協会」
正式には「日本アンダーライター教育認定機構」
⇒http://www.luti.or.jp/index.html
事業理念は「プロフェッショナル生命保険募集人の養成を以って、社会福祉に貢献します。」
保険の本場アメリカにおいては、保険のプロと認知される証として、「LUTCF」というアメリカンカレッジ校が認定している資格があり。
相互資格の連携をはかり国際資格化を予定しています。
要するに、大変化期の日本の保険業界においては。
顧客から信頼され、選ばれるために。
プロとして必須の資格になる可能性大。
プロのアンダーライターを目指すカタガタ。
カタガタこの資格のことをアタマに置いておくように。
保険業界も、ただ安いだけの商品を求めるお客様はネットの世界で用を足し。
やっぱヒトを介して相談したいお客様から選ばれるには。
プロ中のプロと認知されるだけの知識や能力、スキルが必須です。
まもなく当社も深くその資格認定に関わる予定ですぴかぴか(新しい)
乞うご期待パンチ
...

つづきを読む

32年ぶりの再会

8月15日
お盆晴れ
今年のお盆は格別に愉しみで。
なぜなら。
高校の同窓会イベント
32年ぶりに再会する友人たちもいます。
前日は久々の友達に電話して。
「お前、一人で会場行く根性ないやろ。オレが一緒に連れていったるからな。なっ。ほなクルマで迎えにきてな。」
(って昔から根性ないけど調子は良かったんです)

会の冒頭あいさつで。
同級生420人のうち14人が亡くなったとのことふらふら
50歳で3.3%の死亡率。
開会は30秒の黙祷から・・
大病もせず元気でここまでこれたことだけでも儲けモンですグッド(上向き矢印)
それにしても32年の歳月は恐ろしい。
あまりの変わりように特定できないヒトが70%くらいがく〜(落胆した顔)
(やっぱ男はアタマで差がでますな)
ワタシのことは、
「堀井くんは全然変わってないね~。すぐわかったわ」
ってたくさんのヒトタチから言われましたるんるん
(成長してないっていうことかも・・・)
それにしても齢を重ねる度に思うことは。
人生は顔に現れるぴかぴか(新しい)
30代までは親に貰った顔。
生まれつきの男前やベッピンさんは恵まれています。
でも40代くらいからは自分で創ってきた顔になり。
男前とかベッピンさんという尺度ではなく。
「イイ人生」が「イイ顔」を創ります。
正確に言うと、
「イイ人生」とは順風満帆に成功してきた人生ではなく。
どんな状況でもその運命をスネズヘコタレズ受け止めてきた人生で。
結果的に頼まれやすい顔立ちになることが「イイ顔」になります。
あのヒトに頼みたい。
あのヒトに相談したい。
あのヒトと一緒にいたい。
あのヒトのようになりたい。

って顔がイイ顔です手(チョキ)
久々の旧友との再会で会は3次会まで大盛り上がり。
18歳の時も毎日が愉しかったけど。
50歳の今もかなり愉しいヒトトキでした。
幹事の皆様方、本当にお疲れ様でした手(パー)
次回も黙祷をする側で再会したいものですな。

               P1020475.JPG
                 ...

つづきを読む