ボロブでチビ~ル

6月21日
バリを離れジョグジャカルタへ飛行機
ジョグジャは京都と姉妹都市。
多くの世界遺産が存在します。
              P1000045.JPG
               プランバナン寺院
1,000年以上前に建立されたそうです。
私の祖先はここで石を運んでたかも・・・
なんて思いながら炎天下に広大な敷地面積に立並ぶ建造物を夢中で見ていると少し体調に異変が。
思えばこちらに来る前に出張や研修続きで暫く休んでなかったし。
こちらに来たら来たで朝からほぼ移動ばかりで。
あまりの腹痛にトイレに駆け込むと。
ハイスピードピーピーベン・・・
夕食のレストランでも1時間以上トイレから出られずもうやだ〜(悲しい顔)
「このヘタレが」と大ブーイングの中。
(ヘタレちごてウンコタレじゃちっ(怒った顔)
アーユルヴェーダのデコダーラ(ホントはシロダーラ)で全身マッサージやオイルマッサージもやったんですが、リンパの流れが促進されると逆に悪いものが出てくれるのかもしれません。
翌早朝のボロブドゥール寺院見学のために早めにホテルへ。
世界最大の仏教遺跡。
流石に凄いオーラを放ってます。
                P1000089.jpg
1814年イギリス人によって発見されるまでの約1000年間、土の中に埋もれていたそうです。
なぜなのかは謎です。
一説によると火山灰で埋もれたと。
もう一説は、他の宗派に壊されないように敢えて埋めたと。
ボロブドゥールは今だ解明されない多くの謎をもつミステリアスな遺跡だそうです。
              P1020418.JPG               
少し話しはズレますがローマ、インダス、エジプトなど滅びた文明にはすべて巨大な遺跡がありました。
それは富や権力の象徴。
アボリジニ、インディアン、ホッテントットなど未だに滅びない文明は遺跡を持ちません。
滅びない企業、永遠に継続できる企業を創るには華美で過度な建物や設備で権力や富の主張をすることは控えたほうが良いのかもしれません。
それが社員や顧客のためならまだOKでしょうが経営者のエゴならなお更ですね。
でも回廊できる壁画に描かれたお釈迦さま誕生までの物語や、72基の釣り鐘型をしたストゥーバ、その中に鎮座する仏像など、この遺跡には未来の人類に語り継がせたいメッセージが感じられました。
    P1000071.JPG
                P1000085.JPG
遺跡は残さなくても後世にメッセージは残せるヒトになりたいものです。
それも「言うだけ」でなく「行動」や「実績」でぴかぴか(新しい)
               P1000084.JPG
                 バリ猫

カテゴリー:日記のブログをもっと読む