坪庭が教えてくれたこと

いつも桜咲くこの月になると、
「独立して丸7年か・・・」
と感慨深く、某カタカナ系生保会社の支社長を辞して起業したときからのカウントをしてしまいます。
あの時42歳。今年で50歳を迎えます。

紆余曲折を経ながらもこうしてそれなりに成長しながら事業を継続できていることに感謝。
本当に周りの全てのヒトタチに支えられて「今」があります。
私は既に加齢臭をブンブン発する正真正銘のオッサンですが、まだまだ企業の物語は序章に過ぎませんグッド(上向き矢印)

毎年4月を迎えたときは、過去に出会った全てのヒトタチに感謝をし、永くカウントし続けていきたいものです。
ところで、お花見を兼ねて先日訪れた京都の高台寺近くのお料理屋。
そこにある「坪庭」を見たとたん、その昔住んでいた家のこと、そのあるシーンを鮮明に思い出しました。
P1010993.JPG

続きは⇒http://www.holos.jp/holostyle/?t=1093

カテゴリー:堀井計の午睡イントロのブログをもっと読む