生きがい療法

1月22日
23時帰宅。
TVつけたら・・・
筑紫哲也のNEWS23。
で、特集でやってたのが。
ガンを生き抜く「生きがい療法」のいま
目下闘病中の筑紫さんも出演されてました。
内容は、
体内にあるNK(ナチュラルキラー)細胞がガン細胞をやっつける。
そのNK細胞を活性化するには「笑うこと」わーい(嬉しい顔)
要するに笑うことでガンが治る。かからない免疫力を作る。
懐かしい・・・
もう6~7年前、その重要性を知ったボクは、落語家の桂春菜くんと組んで、「スマコロジーセミナー」イベント(スマイルとサイコロジーの造語)http://www.katsura-haruna.com/work/smcology.htmlなる企画を立て、ドサ周りをしていました。
落語と心理学をコラボさせ、「笑い」がいかに社会生活で大切かをビジネスパーソンや一般生活者に知ってもらいたかったのです。
当時、結構好評でリピートもあったのですが、お互い忙しくなってやらなくなってしまいましたバッド(下向き矢印)
今日の特集では、笑いの効用だけでなく、登山や気孔、イメージトレーニングなど様々な手法が紹介されてました。
その手法を「補完代替医療」と呼び。
西洋医学と東洋医学にこの補完代替医療を加えて「統合医療」と言います。
この「統合」という言葉がギリシア語で「HS」となります。
当社が「ユーモアビズ」(ユーモアシップを常に意識し、実践するワークスタイル)を推進しているルーツがここにあります。
「笑い」が絶えない職場環境、人間関係の構築が病気(ガンにも)にも成らず、ノーストレスで愉しく働きながら生産性を挙げるキモなんですニャ~猫
番組の中の先生曰く、面白くなくても「作り笑い」だけでもNK細胞は活性化するということ。
ワタシのギャグ、たとえ面白くなくても健康のためには笑っといた方がよさそうですね決定
                  ?A?C???V???^?C??.jpg
面白いことがあるから笑うんではなく、笑っているから面白いことが次から次に起こるようになるんですな手(チョキ)

               

カテゴリー:日記のブログをもっと読む