業界の品格

12月6日
代理店協議会を発足後、初めての会合を行いました。
我々発起人に加えて、新たに数社の経営者が加わり、保険代理業の抱えるさまざまな経営課題を解決していく実務的組織です。
今後、課題の洗い出しから、単独では解決できない課題の優先順位を明確にし、具体的協議へと進んでいきます。
現時点では、
「会員がお客様に対して、永続性を持って最善のサービスを提供することを第一とし、あわせて保険業界、代理店の成長・発展に寄与する。」
という大義名分に賛同された集団ですが、これからはより具体的な経営上の課題を協議し、その内容やプロセスをホームページなどで開示、自社の固有のメリットとして訴求しながら、規模拡大を図り、業界への良い意味での影響力を発揮していく予定です。
そんな中、会のメンバーのディスカッションで、
「保険会社に対する圧力団体パンチを創ったらしいね。」
とか、
「怪しい経営者ドコモ提供が集まって何か企んでいるらしいな。」
などと中傷的発言が所々で聞こえてくるらしい。
誹謗中傷。(ひぼうちゅうしょう)
この言葉をネットで調べると、⇒http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list

カテゴリー:日記のブログをもっと読む