加齢なる一族

久しぶりに「株式会社ヤマホ」の社長にお会いしました。


社長の堀井元紀さん。私のいとこです。私の実家は元々京都で醤油屋を営んでおりました。父の晩年には不況業種ということでたたんでしまったのですが、(なぜか突然外車のディーラーに業種変更)父の兄、いわゆる伯父さんは分社後もしっかり経営されていたようで、現在はその息子、つまり私のいとこの元紀さんが社長で頑張ってられます。


ホームページhttp://savor-yamaho.co.jp/index.htmlの沿革を見ますと、


【沿 革】

大正元年  京都市上京区下立売千本西入にて 堀井商店設立 名古屋の味噌たまりの専門店として、禅宗大本山妙心寺の各塔頭をはじめ京都市内の大口需要者を中心に販売。
昭和15年  関西造酢合名会社と合併して、丸隆醸造株式会社を設立 醤油、酢、ソース、アミノ酸の製造販売。
昭和18年  アミノ酸製造統制会社に統合。
昭和25年  有限会社 堀井商店設立 醸造原材料の販売を始める。
昭和33年  有限会社 ヤマホ商店 改称 米菓用たまり及び各種調味料製造を主力とする。
昭和39年  京都府、愛知県、大阪府、各米菓工業協同組合より表彰を受く。

昭和41年  米菓業界の発展と、業績の進展により販売会社 株式会社ヤマホ設立。

昭和50年  岐阜県最大味噌だまりメーカー、キンカ食品株式会社と技術提携。

昭和51年  丸金醤油株式会社の米菓用醤油部門と技術提携して特約を結び販売を拡げる。あられラック、米菓用無乾燥、食用接着剤を開発特許申請。
昭和54年  特許確定 特許番号974272号 キンカ食品株式会社、米菓用たまりの総販売会社となる。
昭和56年  特許により京都府知事表彰を受く 日本発明協会近畿地区奨励賞を受賞。

昭和59年  米菓調味料と製造法特許確定 特許番号1239398号。

う~ん、昭和初期から今流行の合併なんかを繰り返し、さながら華麗なる一族のようですな~。

まぁ決して成長産業ではないこの業界ですから、若い人材確保も難しいのが現状のようで、堀井家は「華麗」というより「加齢なる一族」というところですが(笑)メインは米菓子「おかき」や「あられ」用の醤油や艶出しの技術を菓子製造メーカーに販売しているのですが、今京都の某有名料亭や表参道の芸能人御用達和食ダイニング「黙知」http://www.mokuchi.com/info.phpなどで静かなブームを呼んでいる超高級醤油をプロデュースしています。

 

3years_murasaki[1].gif
その名も「三年むらさき」。

国内産丸大豆と天然塩を原料に、四季の温度変化に任せた天然醸造でじっくり熟成。お魚、お肉、お漬物、あらゆる食材の味を際立たせます。

グルメの方、はまりますよ~わーい(嬉しい顔)

はまった代表:
作家の村松友視
http://www.rakuten.ne.jp/gold/veritas/comment/soy-MT.html
歌手の尾崎亜美
http://www.rakuten.ne.jp/gold/veritas/comment/soy-OA.html
ここで買えます決定
http://www.rakuten.co.jp/veritas/454478/506760/809642/

日本人には欠かせない伝統食品「お醤油」。伝統産業は高齢化により存続すら難しいのが現状ですが、ご子息も後継者として東京で修行中です。

是非守り、成長し続けて欲しいものですぴかぴか(新しい)

カテゴリー:日記のブログをもっと読む